ジェホロプテルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェホロプテルス
生息年代: 135 Ma
Jeholopterus BW.jpg
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
約1億3500万年前
中生代白亜紀前期オーテリーブ期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
階級なし : (未整理[1]主竜類 Archosaurs
(未整理)鳥頸類 Ornithodira
: 翼竜目 Pterosauria
亜目 : 嘴口竜亜目 Rhamphorhynchoidea
: アヌログナトゥス科 Anurognathidae
: ジェホロプテルス属 Jeholopterus
学名
Jeholopterus
Wang et al., 2002
和名
ジェホロプテルス
  • ジェホロプテルス・ニンチェンジェンシス
    J. ninchengensis
    Wang et al., 2002(模式種)

ジェホロプテルス (Jeholopterus) は白亜紀前期に生息していた翼竜。学名は「熱河(中:热河、発見地に因む)の(希:πτερόν、pteron)」という意味である。

特徴[2][編集]

短いや短い手首の骨、後肢第5指がとても長いなどランフォリンクス類の特徴を持つ。 ランフォリンクス類はが長いのが特徴だが、その中でも尾の短いアヌログナトゥス科に属する。

翼開長90cm。 頭骨は前後の長さよりも左右の長さのほうが長い。また、前肢(翼)の鉤爪がとても長く、後肢のの1.5倍もある。 体毛羽毛恐竜シノサウロプテリクス羽毛に似た羽軸のない繊維状の構造をしている。

後肢の指と指の間に膜があり、魚の鰭のようになっていた。 また、両顎に小さながあり、昆虫を食べていたと考えられる。

化石[3][編集]

ジェホロプテルスは内モンゴル自治区寧城道虎溝層英語版から見つかっている。道虎溝層は明らかに熱河層群よりも時代が古く、前熱河生物相と言われている。

保存状態の良い、翼の繊維や首から胴体、尾にかけて体毛が残っている化石が発見されている。

卵化石。香港科学館にて。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 分類学上、現在のところ未整理の階級。階級未定の分類群。以下同様。
  2. ^ デイビット・アンウィン監修 『世界最大の翼竜展』 朝日新聞社 59頁
  3. ^ デイビット・アンウィン監修 『世界最大の翼竜展』 朝日新聞社 71頁