ジェットアジア・エアウェイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェットアジア・エアウェイズ
JetAsia Airways
IATA
JF
ICAO
JAA
コールサイン
JetAsia
設立 2009年12月
拠点空港 スワンナプーム国際空港
保有機材数 5機
就航地 11都市
本拠地 タイ王国の旗 タイ バンコク
代表者 Jacob Saba (CEO)
外部リンク http://www.flyjetasia.com/
テンプレートを表示

ジェットアジア・エアウェイズ (JetAsia Airways)は、タイ航空会社である。

概要[編集]

2009年12月に設立し、2010年10月に免許航空運送事業を認可された。ボーイング767型機を使用して定期便、チャーター便を運航している。

2013年1月から初の定期便となるプーケット-北京線を運航開始した[1]

2014年9月25日、日本の国土交通省より、外国人国際航空運送事業の経営許可を受け[2]、同年10月2日より成田国際空港へ定期便を運航する。

なお、同社のICAOコードであるJAAは、日本アジア航空がかつて使用していた[3]

就航路線[編集]

チャーター便[編集]

サービス[編集]

無償で機内食、ソフトドリンクの提供がされる。機内エンタテインメントサービスは無い。

保有機材[編集]

ボーイング767-200型機

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]