シンプル英語版ウィキペディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディア > シンプル英語版ウィキペディア
シンプル英語版ウィキペディア
Simple English Wikipedia
シンプル英語版ウィキペディアのロゴ画像
シンプル英語版ウィキペディアのロゴ画像
URL
https://simple.wikipedia.org/
ライセンス CC BY-SA 3.0 非移植, GFDL
運営者 ウィキメディア財団
設立日 2001年9月18日
テンプレートを表示

シンプル英語版ウィキペディア(シンプルえいごばんウィキペディア、シンプルイングリッシュ・ウィキペディア、Simple English Wikipedia)は、フリー百科事典「ウィキペディア」の英語版であり、基本的にベーシック英語チャールズ・ケイ・オグデンが1920年に考案した国際補助語で、英語の基礎的な語850語のみを使用する)[1]スペシャル・イングリッシュを基本にした約1500語の語彙を用いて執筆されている[2]。この言語版サイトは、「学生や子供、学習障害にある成人など、通常とは違うニーズを持った人々、または英語を学習中の人」向けの百科事典たることをおもな目的としている[3]が、そのガイドラインには、そういった層だけでなく万人に向けて執筆された事典であることが説明されている[4][5]2018年2月16日の時点で、記事数は131,584本、登録済み利用者は60万を超える。

記事は大抵、英語版ウィキペディアの対応する記事より短く、主題について基礎的な情報を述べるのみに留まっている。OLPCプロジェクトの児童向け百科事典"One Encyclopedia per Child"[6]はシンプル英語版ウィキペディアの記事をベースにして書かれている[7]

出典[編集]

  1. ^ Tim Dowling (2008年1月14日). “Wikipedia too long-winded for you? Try the simple version”. The Guardian. 2009年5月17日閲覧。
  2. ^ Parris, Sheri R. (2009). Adolescent Literacy, Field Tested: Effective Solutions for Every Classroom. International Reading Assoc.. p. 76. ISBN 0872076954. http://books.google.com/books?id=R1_vBUMfgFcC&pg=PA76&dq=%22simple+english%22+wikipedia. "A version of Wikipedia, called Simple English Wikipedia, contains entries using the 2,000 or so most common words in English and is well suited for younger readers." 
  3. ^ Simple English Wikipedia (2009), Simple English Wikipedia, Wikimedia Foundation 
  4. ^ Wikipedia:How to write Simple English pages”. Wikipedia.org. 2020年7月14日閲覧。 “Articles in Simple English Wikipedia are written for everyone. This includes children and adults who are learning English. Articles should be written about notable encyclopedic subjects.”
  5. ^ Wikipedia:About#What_is_the_Simple_English_Wikipedia?”. Wikipedia.org. 2020年7月14日閲覧。 “Articles in the Simple English Wikipedia use fewer words and grammar that is easier to understand than the ordinary English Wikipedia. The Simple English Wikipedia is also for people with different needs, such as children, students and adults with learning difficulties, and people who are trying to learn English. Other people may use the Simple English Wikipedia because simple language helps them to understand unfamiliar topics or complex ideas.”
  6. ^ One Encylopedia Per Child
  7. ^ Encyclopedia of Information Technology Curriculum Integration. Idea Group Inc (IGI). (2008). pp. 544. ISBN 1599048817. http://books.google.com/books?id=S7xi5jcSp6EC&pg=PA544&dq=%22simple+english+wikipedia%22 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]