シンキングラビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有限会社シンキングラビットは、かつて兵庫県宝塚市に存在したパソコンゲーム黎明期のゲームソフト開発会社。日本語では「思考白兎」。1982年にパズルゲーム「倉庫番」発売と同時に会社設立した。

代表者は「倉庫番」開発者の今林宏行。「倉庫番」をはじめ、アドベンチャーゲーム(AVG)「鍵穴殺人事件」「道化師殺人事件」「カサブランカに愛を~殺人者は時空を越えて~」などを創作。安楽椅子探偵型の手法を用いるなど、意欲的な作品もある。パッケージには、毎回今林の友人である米田朗のイラストを使用し、そのゲームの世界観を表している。マスコットは横向きの白兎。なお、現在は今林が関わっているファルコン株式会社が商標権・著作権を保有している。

作品一覧[編集]

自社ブランド[編集]

告知のみで発売中止[編集]

  • 映画「鍵穴殺人事件」殺人事件
  • 映画狂殺人事件

他社ブランド[編集]

外部リンク[編集]