シンガポールとブルネイの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンガポール・ブルネイ関係
BruneiとSingaporeの位置を示した地図

ブルネイ

シンガポール

シンガポールブルネイの二国間関係について述べる。両国は高等弁務官の交換を行っており、高等弁務官事務所もまた互いに設置している[1](両国ともイギリス連邦の加盟国であるため「高等弁務官」は「特命全権大使」に「高等弁務官事務所」は「大使館」にそれぞれ相当する)。両国間の関係は非常に良好であり、防衛についても広範囲に渡って協力関係を築いている。[1][2]また両国はASEANの加盟国でもある。

歴史[編集]

両国間の国交は1984年に樹立された[1]。2012年にブルネイ国王ハサナル・ボルキアシンガポール・エアショーのためシンガポールを訪問し、シンガポール首相リー・シェンロンと同元首相リー・クアンユーと会談した。なお、同じく2012年にシンガポールの大臣の一人であるTeo Chee Heanがブルネイを訪問している[1]

貨幣・経済関係[編集]

両国間にはいくつかの了解覚書が交わされており、その中には貨幣に関するものも含まれている。そのためシンガポール・ドルブルネイ・ドルは、価値が等価であるだけでなく両国間で互いに流通もしている[1][3].。

防衛関係[編集]

シンガポール軍はしばらくの間ブルネイ軍の訓練を行っていたことがある[2][4]。その見返りに、ブルネイはシンガポール軍の訓練地として自国の密林を提供している.[5]。両国は1994年から防空演習を行っており、これには王立ブルネイ空軍とシンガポール共和国空軍が参加する。

参照[編集]

  1. ^ a b c d e Brunei-Singapore Relations”. Ministry of Foreign Affairs and Trade (Brunei). 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。
  2. ^ a b Brunei and Singapore: Abiding ties of close neighbours”. The Straits Times (2012年10月29日). 2014年2月8日閲覧。
  3. ^ Reading Room. “Currency Interchangeability Agreement - Brunei Notes and Coins”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ EX-DMOD HONOURED FOR EXCELLENT BRUNEI-SINGAPORE DEFENCE RELATIONS”. Ministry of Defence Brunei Darussalam (2011年6月16日). 2014年2月8日閲覧。
  5. ^ https://www.todayonline.com/singapore/saf-soldiers-take-care-not-thrash-brunei-jungle-while-training-pm-lee