シロマジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シロマジン[1]
識別情報
CAS登録番号 66215-27-8 チェック
PubChem 47866
ChemSpider 43550 ×
UNII CA49Y29RA9 チェック
KEGG D07767 チェック
ChEMBL CHEMBL1231107 ×
特性
化学式 C6H10N6
モル質量 166.19 g/mol
外観 結晶性
融点

219-222 °C, 492-495 K, 426-432 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シロマジン (Cyromazine) はトリアジン骨格を有する昆虫成長制御剤で、殺虫剤および殺ダニ剤として使用される。メラミンのシクロプロピル誘導体であり、幼虫の神経系に作用[2]して、幼虫の脱皮阻害作用や変態阻害作用を示す。日本ではハモグリバエ類を対象として、1996年に非食用作物 (キクガーベラ) で、1999年には食用作物 (ナストマトカボチャメロン等) で農薬登録された[3]

獣医学領域では畜舎・鶏舎周辺のハエ駆除用殺虫剤として使われる[4]。産卵鶏用のラーバデックスはハエ幼虫発育抑制剤だが、餌に混ぜて鶏に与えることで鶏糞に沸くウジを駆除するというユニークな用法 (フィードスルー) が特徴である。従来は養鶏家が人手をかけて鶏糞に薬剤を散布していたが、多大な労力がかかるにもかかわらず散布ムラにより防除が不完全になるという問題があった。これに対し、ラーバデックスではいったん鶏に食べさせることで薬剤を糞中に均等に分散させるという戦略をとることにより、防除の確実性が上がるだけでなく、給餌とハエ防除が同時に行えるので養鶏家の労力が軽減されるという合理的なものになっている[5]。このほか、アクアリウムにおいてはイカリムシチョウなど外部寄生虫に対する殺虫薬[6]として用いられる (ただし、日本国内では魚類に対する動物用医薬品としては認可されていない)。

規制[編集]

米国農務省の食品安全検査局 (FSIS) は動物組織中のシロマジンおよびメラミンを分析するための試験方法について、「食肉、鶏肉、卵製品の安全性、健全性および正確な表示のための検査プログラム」のガイドブックを発行している[7][8]。1999年に連邦官報に掲載されたシロマジン残留量の規制案では、米国環境保護庁 (EPA) が「シロマジンおよびメラミンについて、残留は懸念すべきものではないため、残留基準から外す」ことを提案した[9]

参考文献[編集]

  1. ^ Merck Index, 12th Edition, 2845.
  2. ^ Pesticide Fact Sheet from Pesticide Management Education Program, Cornell University
  3. ^ シロマジン農薬抄録”. 農林水産消費安全技術センター. 2019年1月9日閲覧。
  4. ^ シロマジン2%粒「KS」5kg”. 共立製薬. 2019年1月9日閲覧。
  5. ^ ラーバデックス (1%) (シロマジン)”. エランコ. 2019年1月9日閲覧。
  6. ^ CyroPro”. 2019年1月9日閲覧。
  7. ^ CYROMAZINE AND MELAMINE”. USDA FSIS (1991年7月). 2007年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月27日閲覧。
  8. ^ Chemistry Laboratory Guidebook”. USDAFSIS. 2007年4月27日閲覧。
  9. ^ Environmental Protection Agency. Cyromazine; Pesticide Tolerance

外部リンク[編集]