シュド・エスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュド・エスト SE.3130 アルエット II
シュド・エスト SE.2010 アルマニャック

シュド・エストSociété Nationale de Constructions Aéronautiques du Sud Est:南東航空機製造公社、略称 SNCASE)は、かつてフランスに存在した航空機メーカーである。

第二次世界大戦の直前、1936年にフランス政府が民間の航空機製造会社を国営化し、統合して6つの地域公社に再編した際に設立された国営企業で、シュド・エストはポテーズおよび傘下のCAMS英語版ベール=レタン英語版工場、リオレ・エ・オリビエアルジャントゥイユ工場およびクリシー工場、ロマノ英語版SPCA英語版を統合したものである。

第二次世界大戦中の1941年には、シュド・エストはSNCAM(Société nationale des constructions aéronautiques du Midi:南部航空機製造公社)を吸収統合した。SNCAMの前身はエミール・デヴォアティーヌが設立したアヴィオンズ・デヴォアティーヌ社で、当時のフランス軍で最も高性能とされたデヴォアティーヌ D.520の量産を行っていた。

第二次世界大戦後の1957年3月にシュド・ウエスト(Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Sud Ouest:南西航空機製造公社、 略称 SNCASO)と合併してシュド・アビアシオンSud-Aviation 、南方航空事業)が設立された。

SNCASEはそれまで、デ・ハビランドバンパイヤ戦闘機ライセンス生産ロールス・ロイス ニーンを搭載したミストラル戦闘機などを生産していた。ライセンス生産から脱却するために1951年に SNCASEはジェット旅客機カラベルの設計を開始した。カラベルはイギリスのエンジンを使用し、機首と尾翼はデ・ハビランド コメットの設計を流用したが、その他は新設計であった。当時としてはユニークであったのは、胴体後部にエンジンを設置したことで、それにより客室の騒音が減少した。1958年に生産を開始した。

その時点でSNCASEは、別の国営企業SNCASOと合併して、シュド・アビアシオンになっていた。1960年よりシュド・アビアシオンは超音速旅客機のシュペル・カラベルの設計を始めたが、開発コストが巨大になるため、イギリスのBACと1962年の11月コンソーシアムをつくり、超音速旅客機「コンコルド」開発を開始した。

シュド・アビアシオンはノール・アビアシオン(Nord-Aviation:北方航空事業)と1970年に合併し、アエロスパシアルになった。さらに国際的なコンソーシアムのエアバスブリティッシュ・エアロスペース、DASAと作り、最終的には2000年7月10日にドイツのDASAとスペインのCASAと合併して共同会社EADSとなった。EADSはエアバスの親会社である。

機体リスト[編集]

関連項目[編集]