エアバス・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DASAから転送)
Jump to navigation Jump to search
エアバス・グループ
Airbus Group SE
Airbus Group Logo 2014.svg
種類 株式会社
市場情報 EuronextAIR
FWBAIR
BMADAIR
本社所在地 フランスの旗 フランス ブラニャック
オランダの旗 オランダ ライデン
設立 2000年
事業内容 航空宇宙防衛電気通信
代表者 en:Tom Enders(CEO)
資本金 8,850 Million Euro
(2011年12月31日時点)[1]
発行済株式総数 814,896,511 株
(2011年12月31日時点)[2]
売上高 連結:49,128 Million Euro
(2011年12月期)[3]
営業利益 連結:1,613 Million Euro
(2011年12月期)[4]
純利益 連結:1,037 Million Euro
(2011年12月期)[5]
総資産 連結:88,476 Million Euro
(2011年12月末時点)[6]
従業員数 133,115人
(2011年12月末時点)[7]
決算期 12月末日
主要株主 en:SOGEADE
ダイムラー
主要子会社 エアバス
エアバス・ディフェンス・アンド・スペース
エアバス・ヘリコプターズ
外部リンク Official Site
テンプレートを表示

エアバス・グループAirbus Group SE)は、2000年7月から2017年1月まで、ヨーロッパの大手航空宇宙企業であり、民間航空機メーカーであるエアバスの100%親会社であった。2017年1月にエアバス・グループは子会社のエアバスと合併、存続会社の社名はエアバスとなったため、社名としては消滅しているが、コーポレートサイトでは民間航空機製造部門と区別する意味でエアバス・グループの名称も併用されている。企業としてのエアバス・グループの法的所在地はオランダライデンであったが、メインオフィスはフランス南部のブラニャックにあった[8]

沿革[編集]

エアバス・グループの前身は、2000年7月10日に、以下の企業が合併して誕生したEADSEuropean Aeronautic Defence and Space Company)である。

合併によりEADSはボーイングに次ぐ世界第2の航空宇宙企業となった。また、BAEシステムズに次ぐヨーロッパ第2の兵器製造会社となった。民間・軍用航空機に加え、ミサイル・宇宙ロケット・関連システムの開発・販売を行うようになった。EADSは国際宇宙ステーション (ISS) の主要な貢献企業となり、EADSの一部門であるEADSスペーストランスポテーションにより設計・組立を行ったコロンバス実験モジュールが2008年2月11日より運用を開始した。シャトルの運用の問題もあり、計画は数年間の遅れを伴ったが、2006年ブレーメンからケネディ宇宙センターエアバス ベルーガにて輸送された後、2008年2月7日にスペースシャトルアトランティスSTS-122にて打ち上げられた。

2013年7月31日に、EADSはエアバス・グループに名称を変更することが発表された。それまでは4部門制を採ってきたが、これを(1)商用機に特化したエアバス、(2)防衛・宇宙関連のエアバス・ディフェンス&スペース、(3)エアバス・ヘリコプターズの大きく3部門へと改めた[9]2014年1月1日、EADSから社名が変更され、同年5月27日に、旧EADSからの社名変更を含む定款の改訂が株主総会で承認され、同年6月2日付で法的にも社名が「エアバス・グループ」になると発表された[10]。エアバス・グループは当初オランダの公開会社としてN.V.の法的形態を採ったが、2015年欧州会社法に基づき、SEへと移行した[11]

2017年1月に、子会社のエアバスと合併し、社名をエアバスに変更した。

フランス政府と、ドイツのエアバス・グループ専門管理機構であるGesellschaft zur Beteiligungsverwaltungが、エアバス・グループのそれぞれ11%の株を保有している[12]

部門[編集]

民航機(旅客機)[編集]

  • エアバス:2006年10月にBAEシステムズ保有の株式を買収して100%子会社とした。
  • ATR:旧アエロスパシアルの持分を引き継ぎ、50%を保有。

ヘリコプター[編集]

防衛・宇宙・セキュリティ[編集]

宇宙産業[編集]

EADSの宇宙関連産業との関わりは以下のとおり:

防衛・安全保障システム[編集]

アビオニクス[編集]

  • ディフェンスエレクトロニクス:EADSにセンサとアビオニクスを供給。

軍用航空機[編集]

以下の企業の株を保有する:

ミサイル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ EADS>Investor Relations>Annual Report and Registration Document>Financial Statements 2011>115Page>5. Stockholders equity>Total equity>Balance at 31 December 2011
  2. ^ EADS>Investor Relations>Annual Report and Registration Document>Financial Statements 2011>58Page>23. Total Equity>Outstanding as at 31 December
  3. ^ EADS>Investor Relations>Annual Report and Registration Document>Financial Statements 2011>6Page>Consolidated Income Statements>Revenues
  4. ^ EADS>Investor Relations>Annual Report and Registration Document>Financial Statements 2011>6Page>Consolidated Income Statements>Profit (loss) before finance costs and income taxes
  5. ^ EADS>Investor Relations>Annual Report and Registration Document>Financial Statements 2011>6Page>Consolidated Income Statements>Profit (loss) for the period
  6. ^ EADS>Investor Relations>Annual Report and Registration Document>Financial Statements 2011>8Page>Consolidated Statements of Financial Position>Total assets
  7. ^ EADS>Investor Relations>Annual Report and Registration Document>Financial Statements 2011>94Page>39. Number of Employees
  8. ^ Contact us” (英語). エアバス・グループ. 2017年1月3日閲覧。
  9. ^ “欧州EADS、防衛・宇宙集約し3部門制 米ボーイングに対抗”. 日本経済新聞. (2013年8月1日). http://www.nikkei.com/articleDGXNASGM3103P_R30C13A7FF2000/ 2013年8月11日閲覧。 
  10. ^ Airbus Group Shareholders Approve All Resolutions At AGM, Including Name Change Airbus Group 27 May 2014
  11. ^ エアバス、自社株10%の特別買い戻し計画を総会で提示へ”. ロイター (2015年4月16日). 2017年1月3日閲覧。
  12. ^ Airbus Group Company” (英語). 4-traders. 2017年1月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]