シャーリーテンプル (ブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャーリー・テンプル新生児より16歳までの女児を対象とした洋服子供服)のブランドである。

概要[編集]

ハリウッド子役スターであった、シャーリー・テンプルとライセンス契約を締結。ファッションデザイナー柳川れいにより、1974年東京青山の地で誕生。帽子バッグなどの小物も充実しており、トータルコーディネートが楽しめる。

婦人服ブランドのデザイナーアナ・スイが来日した際に「欠けるところない店」と当ブランドの旗艦店を評したところ「シャーリー・テンプルよりギフトを贈られた」とファッション誌にコメントを残している[要出典]

2004年の30周年において、記念冊子をシリアルナンバー入りで発売したところ、1万2千部が即日完売となった。

デザインの特色[編集]

欧米のアンティークなティストを取り入れたデザインと、ポップな色使いが特徴的である。レースリボンフリルを多用し、フルーツや動物などのモチーフをふんだんに取り入れたロマンティックな世界観を持つ。フォーマルだけではなく、ガーリーなティストを持つカジュアルも豊富に揃っている。

派生ブランド[編集]

1998年、シャーリー・テンプルのジュニア(11~16歳まで)ブランドであった、“エミリー・テンプル”が独立し、新たに婦人服ブランドの“エミリーテンプル・キュート”としてデビュー、2013年9月現在、日本国内に3店舗展開している。

2008年7月、“エミリーテンプル・キュート”の10周年を記念して子供服ブランド“エミリーテンプル・ルル”が発売された。

旧運営会社について[編集]

ブランドを運営していた株式会社ツイニーエンドー(旧社名:株式会社シャーリーテンプル)は経営不振から2013年7月11日に事業を停止、同月26日付の債権者による破産申し立てを経て、8月28日に東京地方裁判所から破産手続き開始の決定を受けた。事業停止時点の負債総額は8億7200万円[1]。 なお、シャーリー・テンプルのライセンス契約は有限会社エミリーに、エミリーテンプル・キュートは株式会社エミリー・テンプルに、それぞれ承継されている。

脚注[編集]

  1. ^ 子供服ブランド「シャーリー・テンプル」を展開 【続報】 株式会社ツイニーエンドー〈旧・(株)シャーリー・テンプル〉 破産手続き開始決定受ける”. 帝国データバンク (2013年9月2日). 2013年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]