シャルリー (シェール県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Charly
Charly - Eglise Notre-Dame -317.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏Blason fr Centre-Val de Loire.svg
(département) シェール県Blason département fr Cher.svg
(arrondissement) サンタマン=モンロン郡
小郡 (canton) ラ・ゲルシュ=シュル=ロボワ小郡
INSEEコード 18054
郵便番号 18350
市長任期 ドミニク・レニョー[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Pays de Nérondes
人口動態
人口 254人
2014年
人口密度 9.9人/km2
地理
座標 北緯46度54分00秒 東経2度44分59秒 / 北緯46.9度 東経2.7497度 / 46.9; 2.7497座標: 北緯46度54分00秒 東経2度44分59秒 / 北緯46.9度 東経2.7497度 / 46.9; 2.7497
標高 平均:? m
最低:169m
最高:256m
面積 25.66km2
Charlyの位置(フランス内)
Charly
Charly
テンプレートを表示

シャルリーCharly)は、フランスサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏シェール県コミューン

地理[編集]

コミューン内をシェール川の支流エラン川が横切る。

歴史[編集]

13世紀、教区の名はCharliacoであり、住民の呼称はCharliacoisと記されている。

教区は聖サンフォリアンの言葉の庇護下にあり、管轄するリモージュベネディクト会派女子修道院長が、任命権を持っていた。

1485年に小修道院長ジャクリーヌ・ド・ブランシュフォールが帰天するまで、修道生活に関する何の記録も見つけることができなかった。

1626年、シャルリーの領主権を所有していたムラン=ポルシェ家は、権利を尼僧たちに授けた。1793年、尼僧たちは自分たちの修道院から退去させられ、建物は国家資産として売却された。教会はその後、全ての信仰の実施に開かれた場所となった。教会の南側にあった修道院建物は、回廊と礼拝堂を備え5つの建物で構成されていたが、完全に破壊されている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2014年
399 364 273 272 252 257 226 254

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]