シャネル・シェパーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャネル・シェパーズ
Chanelle Scheepers
Tennis pictogram.svg
Flickr - Carine06 - Chanelle Scheepers.jpg
シャネル・シェパーズ
基本情報
国籍  南アフリカ共和国
出身地 フリーステイト州ハリスミス
居住地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州ボカラトン
生年月日 (1984-03-13) 1984年3月13日(35歳)
身長 176cm
体重 66kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2015年
ツアー通算 2勝
シングルス 1勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 676勝532敗
シングルス 436勝346敗
ダブルス 240勝186敗
生涯獲得賞金 $1,949,415
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2011)
全仏 4回戦(2010)
全英 2回戦(2014)
全米 3回戦(2011)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2013・15)
全仏 1回戦(2011・13・14)
全英 ベスト4(2013)
全米 2回戦(2012)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 37位(2011年10月10日)
ダブルス 42位(2014年4月14日)

シャネル・シェパーズChanelle Scheepers, 1984年3月13日 - )は、南アフリカハリスミス出身の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルス1勝、ダブルス1勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス37位、ダブルス42位。身長176cm、体重66kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

シェパーズは2000年に選手経歴を始めたが、WTAツアー下部組織の大会で長い下積み生活を送った。2003年全豪オープン4大大会の予選に初挑戦したがなかなか勝ちあがることができず、初めて突破したのは6年後の2009年全豪オープンであった。1回戦で第18シードのドミニカ・チブルコバに 0–6, 0–6 で完敗している。

2009年全仏オープンも予選を勝ち上がったが1回戦で第4シードのエレーナ・デメンチェワに 4–6, 3–6 で敗れた。HPオープンではアビゲイル・スピアーズと組んだダブルスでツアー初の決勝に進出しリサ・レイモンド&荘佳容組に 2–6, 4–6 で敗れ準優勝となった。

2010年全仏オープンでは予選勝ち上がりから4回戦に進出した。4回戦で第5シードのエレーナ・デメンチェワに 1–6, 3–6 で敗れた。2011年9月の広州国際女子オープンの決勝でマグダレナ・リバリコバ 6–2, 6–2 で破りツアー初優勝を果たした。2011年10月10日付のランキングで自己最高の37位を記録した。

シェパーズは2012年11月10日に自身のコーチであるロジャー・アンダーソンと結婚した。

2013年5月のストラスブール国際ではクルム伊達公子と組んだダブルスの決勝でマリーナ・エラコビッチ&カーラ・ブラック組を 6–4, 3–6, [14–12] で破り初のダブルス優勝を果たした。ウィンブルドンではダブルスで青山修子と組み1回戦で第9シードのアナスタシア・パブリュチェンコワ&ルーシー・サファロバ、3回戦で6シードのリーゼル・フーバー&サニア・ミルザ組、準々決勝で第16シードのユリア・ゲルゲス&バルボラ・ザフラボバ・ストリコバ組を破りベスト4に進出した。準決勝で優勝した謝淑薇&彭帥組に 4–6, 3–6 で敗れた。

シェパーズは2015年に現役を引退した。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (0–0)
インターナショナル (1-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2011年9月24日 中華人民共和国の旗 広州 ハード スロバキアの旗 マグダレナ・リバリコバ 6–2, 6–2
準優勝 1. 2014年7月20日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー ドイツの旗 モナ・バルテル 3–6, 6–7(3)

ダブルス: 5回 (1勝4敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2009年10月18日 日本の旗 大阪 ハード アメリカ合衆国の旗 アビゲイル・スピアーズ アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
チャイニーズタイペイの旗 荘佳容
2–6, 4–6
準優勝 2. 2012年8月3日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード アメリカ合衆国の旗 イリーナ・ファルコニ 日本の旗 青山修子
チャイニーズタイペイの旗 張凱貞
5-7, 2-6
優勝 1. 2013年5月25日 フランスの旗 ストラスブール クレー 日本の旗 クルム伊達公子 ニュージーランドの旗 マリーナ・エラコビッチ
ジンバブエの旗 カーラ・ブラック
6–4, 3–6, [14–12]
準優勝 3. 2014年2月22日 ブラジルの旗 リオデジャネイロ クレー スウェーデンの旗 ヨハンナ・ラーション ルーマニアの旗 イリーナ=カメリア・ベグ
アルゼンチンの旗 マリア・イリゴエン
2-6, 0-6
準優勝 4. 2014年4月13日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー アメリカ合衆国の旗 バニア・キング スペインの旗 ララ・アルアバレナ
フランスの旗 キャロリン・ガルシア
6–7(5), 4–6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 通算成績
全豪オープン LQ A LQ A A A 1R LQ 3R 1R 1R 1R 1R 2–6
全仏オープン LQ A LQ A A LQ 1R 4R 2R 2R 1R 1R A 5–6
ウィンブルドン LQ A LQ A A A LQ 1R 1R 1R 1R 2R A 1–5
全米オープン LQ A LQ A LQ LQ LQ 1R 3R 1R 2R 1R A 3–5

外部リンク[編集]