ジャパン女子オープンテニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャパンウイメンズオープンテニス
WTA Tour
開催国 日本の旗 日本
広島市
会場 広島広域公園庭球場
サーフェス ハードコート
ドロー 32M/32Q/16D
賞金総額 US$250,000
公式サイト jw-open.jp

ジャパンウイメンズオープンテニスJAPAN WOMEN'S OPEN TENNIS)は、2009年より開催されている女子テニス大会である。

概要[編集]

2009年のWTAツアー再編に伴い、それまでのジャパン・オープン・テニス選手権の女子を分割する形で新設。それまでのジャパンオープン女子の部はITFサーキットシリーズに降格となり、ジャパン女子オープンテニスの前哨戦に位置づけられることになった。歴代優勝者などジャパンオープン女子の部の歴史も引き継がれる。

2014年までは大阪市靱テニスセンター[1]で開催された。なお、大阪でのWTAツアーは1992年から1994年まで開催された「ワールドレディーステニス」(1994年のみ「アジアオープン」)以来15年ぶりとなった。

2013年までは日本ヒューレット・パッカードを冠スポンサーとして、「HP JAPAN WOMEN'S OPEN TENNIS」として開催されていた。

2015年より会場を東京都江東区有明テニスの森公園に移し、「ジャパン・テニス・ウイークス」の一環として開催することになった[2]。また大会名も「ジャパン女子オープン」から「ジャパンウイメンズオープン」に変更されている。

2016年は橋本総業が冠スポンサーとなり「橋本総業ジャパンウイメンズオープン」として開催された。

2018年は有明テニスの森が2020年東京オリンピックに向けた改修工事中で、広島市広島広域公園庭球場が会場となった。花キューピット株式会社が冠スポンサーとなり、ジャパンウイメンズオープンテニスチャピオンシップス(略称・花キューピットオープン)として開催された[3]

2019年も広島市広島広域公園庭球場を会場として開催している[4]

歴代優勝者[編集]

シングルス[編集]

開催地 優勝者 準優勝者 決勝結果
大阪 2009 オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ 7–5, 6–1
2010 タイ王国の旗 タマリネ・タナスガーン 日本の旗 クルム伊達公子 7–5, 6–7, 6–1
2011 フランスの旗 マリオン・バルトリ オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー 6-3, 6-1
2012 イギリスの旗 ヘザー・ワトソン チャイニーズタイペイの旗 張凱貞 7–5, 5–7, 7–6(4)
2013 オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー カナダの旗 ウージニー・ブシャール 3-6, 7-5, 6-2
2014 オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー カザフスタンの旗 ザリナ・ディアス 7–6(7), 6–3
東京 2015 ベルギーの旗 ヤニナ・ウィックマイヤー ポーランドの旗 マグダ・リネッテ 4-6, 6–3, 6-3
2016 アメリカ合衆国の旗 クリスティナ・マクヘール チェコの旗 カテリナ・シニアコバ 3–6, 6–4, 6–4
2017 カザフスタンの旗 ザリナ・ディアス 日本の旗 加藤未唯 6–2, 7–5
広島市 2018 チャイニーズタイペイの旗 謝淑薇 アメリカ合衆国の旗 アマンダ・アニシモバ 6–2, 6–2
2019 日本の旗 日比野菜緒 日本の旗 土居美咲 6–3, 6–2

ダブルス[編集]

開催地 優勝者 準優勝者 決勝結果
大阪 2009 チャイニーズタイペイの旗 荘佳容
アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
南アフリカ共和国の旗 シャネル・シェパーズ
アメリカ合衆国の旗 アビゲイル・スピアーズ
6–2, 6–4
2010 チャイニーズタイペイの旗 張凱貞
アメリカ合衆国の旗 リリア・オスターロー
日本の旗 青山修子
日本の旗 藤原里華
6–0, 6–3
2011 日本の旗 クルム伊達公子
中華人民共和国の旗 張帥
アメリカ合衆国の旗 バニア・キング
カザフスタンの旗 ヤロスラワ・シュウェドワ
7-5, 3-6, [11-9]
2012 アメリカ合衆国の旗 ラケル・コップス=ジョーンズ
アメリカ合衆国の旗 アビゲイル・スピアーズ
日本の旗 クルム伊達公子
イギリスの旗 ヘザー・ワトソン
6–1, 6–4
2013 フランスの旗 クリスティナ・ムラデノビッチ
イタリアの旗 フラビア・ペンネッタ
オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー
中華人民共和国の旗 張帥
6-4, 6-3
2014 日本の旗 青山修子
チェコの旗 レナタ・ボラコバ
スペインの旗 ララ・アルアバレナ
ドイツの旗 タチヤナ・マリア
6–1, 6–2
東京 2015 チャイニーズタイペイの旗 詹詠然
チャイニーズタイペイの旗 詹皓晴
日本の旗 土居美咲
日本の旗 奈良くるみ
6–1, 6–2
2016 日本の旗 青山修子
日本の旗 二宮真琴
イギリスの旗 ジョセリン・レイ
イギリスの旗 アナ・スミス
6–3, 6–3
2017 日本の旗 青山修子
中華人民共和国の旗 楊釗煊
オーストラリアの旗 モニク・アダムチャック
オーストラリアの旗 ストーム・サンダース
6–0, 2–6, [10–5]
広島 2018 日本の旗 穂積絵莉
中華人民共和国の旗 張帥
日本の旗 加藤未唯
日本の旗 二宮真琴
6–2, 6–4
2019 日本の旗 土居美咲
日本の旗 日比野菜緒
アメリカ合衆国の旗 クリスティナ・マクヘール
ロシアの旗 バレリア・サビンキ
3–6, 6–4, [10–4]

テレビ中継[編集]

本大会は2010年まで毎日放送の製作により、地上波では大阪府ローカルで決勝戦のみを当日に、また衛星放送ではいずれも後日の時差放送でGAORAで準決勝以後をノーカットで、BS-TBSで決勝戦のみを、いずれも録画中継で放送していた。2011年はWOWOWが独占生中継した。

2013年は、後援に読売新聞社が加わることになったため、日テレG+でシングルス準決勝2試合と決勝を録画放送。また、大阪ローカルで讀賣テレビ放送から決勝戦を当日録画で放送された。

2017年は、WOWOWDAZNが本戦1回戦から決勝戦までを生中継している。

脚注[編集]

  1. ^ 2011年大会においては雨天の為試合順延があったことから一部のゲームを急遽、屋根付きのコートがある江坂テニスセンター吹田市)に変更し開催された
  2. ^ “東京有明で今秋に3大会 テニス・ウイークスでPR”. 東京新聞. (2015年6月11日). オリジナルの2015年6月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150612004856/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015061101001575.html 2015年8月10日閲覧。 
  3. ^ 今秋のWTA25万ドル大会は「花キューピットオープン」に決定”. TennisMagazine on-line (2018年5月7日). 2018年9月9日閲覧。
  4. ^ 花キューピットジャパンウイメンズオープンテニス”. THE TENNIS DAILY. 2019年9月10日閲覧。

外部リンク[編集]