シムカ・1307/1308

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シムカ・1307/1308
1308GT
Chrysler-Simca 1308 GT.jpg
1307
Simca 1308GT.jpg
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
エンジン OHV直列4気筒ガソリン 1294cc/1442cc/1592cc
変速機 4/5速MT・3速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:独立 ダブルウィッシュボーン・縦置トーションバー
後 :独立 トレーリングアーム コイル
全長 4242mm
全幅 1676mm
ホイールベース 2604mm
車両重量 1050kg
先代 シムカ・1300/1500
後継 プジョー・309
-自動車のスペック表-

シムカ/1307/1308'は、クライスラーのフランス子会社・「クライスラー・フランス」(旧シムカ)、及びその後身であるタルボが1975年7月に発表し、10月に発売、1985年まで生産した小型乗用車で、1963年以来作られていた1301/1501の後継車種として誕生、1976年の, ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。クライスラーが欧州戦略車として「クライスラー・アルパイン」の名で英国でも生産した他、クライスラー欧州部門が1978年にPSA・プジョーシトロエンに身売りされたため1980年以降は「タルボ・1510」と改名するなど、様々な名称が与えられていた。[1]さらに、1980年にデビューした4ドアノッチバック版は「タルボ・ソラーラ」という別の名称で販売された。

なお、1294cc版がフランス課税馬力で7CV相当であったため1307、1442cc版が8CVであったので1308と呼称され、ヘッドライトウオッシャーやパワーウインドウを装備した上級版は1308GTと呼ばれた。

概要[編集]

シムカ・1307/1308/1309(1975-1979年)[編集]

2年前の1973年にデビューしたフォルクスワーゲン・パサートに似た6ライトの5ドアハッチバックボディのデザインは「クライスラー・UK」(旧ルーツ・グループ)のチーフスタイリスト・ロイ・アックス[2]によるもので、大きなヘッドライトを除くとフランス車らしい個性は希薄であったが、1970年代半ばの欧州小型車のトレンドを巧みにとらえたパッケージングであった。室内のデザインも同様に、分厚いシートがフランス車らしさを現わしていたが、インターナショナルな雰囲気をもっており、右ハンドル化されて英国で生産されても何ら違和感のないデザインと言えた。一方、機構部分はフランスで開発され、横置きエンジン・前輪駆動のメカニズムは1967年デビューのシムカ・1100以来のものであった。1307/1308はほとんどの生産車種が旧態化し、不振であった「クライスラー・フランス」・「クライスラー・UK」(旧ルーツ・グループ)の復活を賭けた、クライスラー初の欧州戦略車として注目され、最初の1年間で25万台以上が売れた。

1976年10月以降は英国のクライスラーUK工場でも生産開始され、1294cc版がクライスラー・アルパインGL、1442cc版がアルパインS、1308GT並みの装備を持つ上級車はGLSと呼ばれて販売された。1979年には1592ccエンジンでオートマチックを装備した「1309SX」もフランス版にのみ追加された。

しかし、1307/1308と、1978年に登場して米国でも生産された弟分のオリゾンをもってしても経営危機にあったクライスラーを立て直すには至らず、、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー受賞車の割には目立たない存在となっていく。とはいえ、1979年までのクライスラー時代の1307/1308/アルパインの生産台数は778,240台と、仏英ともに好調な販売を記録していた。

タルボ・1510/タルボット・アルパイン(1979-1985年)[編集]

1978年にクライスラー・フランス・クライスラーUKはPSA・プジョーシトロエン傘下に加わった。PSAは両社製品のブランドを「タルボ」(英国読みはタルボット)に統一することとし、その第一弾として1979年10月に1307/1308/1309改め「タルボ・1510」を登場させた。1510への改名と共にマイナーチェンジを受け、当時流行のスラントノーズを採用し、全長も伸ばされた。[3]英国版は引き続き従来の名称を用いて「タルボット・アルパイン」という、1950年代の名車「サンビーム・タルボット・アルパイン」と良く似た名前となった。バリエーションは1294cc67馬力の「LS」、1442cc84馬力の「GL」「GLS」、そして前年の1309に与えられた1592cc89馬力エンジン版は「SX」としてマニュアル・オートマチック版ともに用意された。[4] また、1980年には1510の後部を改造して4ドア3ボックスとした「タルボ・ソラーラ」が登場した。

1981年9月以降はLSも1442ccエンジン付きとなり、GL/GLSは1592ccとなった。シトロエン・CXのものと同じ5速ギアボックスがGLSとSXに装備されたが、これはPSAグループ内の部品共通化の旧シムカ車への最初の例であった。

弟分のオリゾンと車格が近いこともあって、1510の販売には1307/1308時代ほどの勢いは無く、販売の主力はソラーラの方に移った。フランスでの生産は1982年、75,753台で打ち切られたが、イギリス・スペインでの生産は継続された。英国版は1982年10月に「アルパイン・シリーズ2」となり、ギアボックスがプジョー・305と共通化され、SXが廃止されベーシックな「LE」が登場した。1984年10月には限定版「ミンクス」「レイピア」(やはり1950年代の人気車「ヒルマン・ミンクス」と「サンビーム・レイピア」に由来)のみに車種が整理され、305のステアリングホイールとスイッチ類が用いられることになった。しかしその生産は半年あまりしか行われず、1985年夏には生産終了となった。

当時のシムカ・タルボ車は車体の腐食の進行が早いとされ、現存する個体は余り多くはないとされる。

なお、ロシアモスクヴィッチが1989年から2002年まで生産した モスクヴィッチ・アレコはタルボ1510に酷似した外観を持っているが、前輪駆動ながらエンジンは縦置きで、正式にPSA・プジョーシトロエンから製造権を取得したものではないとされる。

参考文献[編集]

注記[編集]

  1. ^ スペインでは「クライスラー・150」という名称で売られた。
  2. ^ 1967年の サンビーム・アルパイン(ファストバック版)、1970年の ヒルマン・アヴェンジャーも彼の作品である。
  3. ^ 1980年夏以前のモデルにはフロントグリル中央の丸にTのバッジはまだ無く、「TALBOT」という文字のエンブレムが装着されていた。
  4. ^ SXには当時まだ珍しかったトリップコンピューターやクルーズコントロールが装備されていたが、そのトリップコンピューターが示す平均速度や平均燃費はあまり正確ではなかった。また、英国生産のGLSとSXにはレザートップが装備されていた。