ロンドン大学シティ校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シティ大学ロンドンから転送)
移動先: 案内検索
ロンドン大学シティ校
校訓 To serve mankind
学校種別 国立
設立年 1966年 - 勅許により大学昇格
1852年 - Inns of Court School of Law設立
基金 £40.1 m (2013年7月31日時点)[1]
理事長 Princess Anne
学生数 17,499人[2]
学部生数 9,367人[2]
大学院生数 7,528人[2]
所在地 イギリス
ロンドン
北緯51度31分40秒 西経0度06分08秒 / 北緯51.52776度 西経0.10226度 / 51.52776; -0.10226座標: 北緯51度31分40秒 西経0度06分08秒 / 北緯51.52776度 西経0.10226度 / 51.52776; -0.10226
所属 en:Association of MBAs
EQUIS
en:Universities UK
ウェブサイト www.city.ac.uk
テンプレートを表示

ロンドン大学シティ校英語: City, University of London) は、ロンドン大学群を構成する国立の研究大学である。旧名のシティ大学とも呼ばれる。1852年に創立されたロースクール(Inns of Court School of Law)はイギリス元首相のマーガレット・サッチャー及びトニー・ブレアの出身校でもあり、イギリスを代表するエリート・名門校である。同大学のケース・ビジネス・スクール(Cass Business School)は常にイギリス国内のビジネス・スクール・ランキングのトップ10に入り、保険数理(アクチュアリー)の分野において欧州No.1に選ばれ、米国のウォートン・スクールに次いで世界第2位にランクインした。

沿革[編集]

1852年にInns of Court School of Lawとして創立され、894年にノーザンプトン研究所(Northampton Institute)になった。1966年に大学となり、シティ大学(City University)の名前が付けられた。2016年9月にロンドン大学に加盟し、現在の校名であるロンドン大学シティ校になった。

キャンパス[編集]

シティのメインキャンパスはセントラル・ロンドンエリアのイズリントンにあり、その他のキャンパスはシティ・オブ・ロンドンおよびホルボーンスミスフィールド、そしてロンドンのホワイトチャペルエリアにある。

組織[編集]

シティは以下の5つのスクールで構成されている。

  • City Law School, incorporating Inns of Court School of Law
  • School of Health Sciences, incorporating St Bartholomew School of Nursing & Midwifery
  • School of Arts and Social Science, including the Department of Journalism
  • School of Mathematics, Computer Science and Engineering
  • Sir John Cass Business School

備考[編集]

シティは160年以上の研究の歴史を持ち、卒業生の就職率および給料は一貫して高いランクにある[3]

ジャーナリズム教育とビジネス教育における高い知名度と評価を得ている。

シティのミッションは、「教育、研究および知識のビジネスへの移転、および専門性でロンドンを主導すること」である[4]

シティは、en:Association of MBAsEQUISおよびen:Universities UKの所属メンバーである。

脚注[編集]

  1. ^ Financial Statements for the Year to 31 July 2013 (PDF)”. City University, London. p. 19. 2014年4月9日閲覧。
  2. ^ a b c Table 0a – All students by institution, mode of study, level of study, gender and domicile 2007/08 (Microsoft Excel spreadsheet)”. HESA. 2009年6月12日閲覧。
  3. ^ Another top five ranking for City in The Times Good University Guide 2008”. City University London. 2007年8月16日閲覧。
  4. ^ University Strategy”. City University London. 2009年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]