ザ・ロストチャイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ロストチャイルド
The Lost Child
ジャンル 神話構想RPG
対応機種 PlayStation 4
PlayStation Vita
発売元 角川ゲームス
プロデューサー 竹安佐和記
美術 竹安佐和記(キャラクターデザイン)
発売日 2017年8月26日
テンプレートを表示

ザ・ロストチャイルド』(The Lost Child)は、角川ゲームスより2017年8月26日に発売されたゲームソフト。PlayStation 4PlayStation Vitaのマルチプラットフォーム。

概要[編集]

角川ゲームスの新規IPのRPG竹安佐和記がプロデュース・キャラクターデザインを担当する「神話構想」の世界の作品で『エルシャダイ』ともリンクする[1]

現代の日本を舞台にしており、主人公はアストラル体と呼ばれる悪魔を使役して、闇の支配者や堕天使たちとの数奇な運命に巻き込まれる。

登場人物[編集]

伊吹 隼人(いぶき はやと)
本作の主人公。緑色の髪をしている。線が細く中性的な顔立ちで描かれているが、引き締まった筋肉質の体躯をしている。現代神秘を取り扱う雑誌「Lost」のライターで22歳。現実的な考え方の持ち主であるが、職業柄からか、人の力では計り知れない未知の存在を許容する側面を持っている。選民と呼ばれる存在であり、アストラルを捕縛して使役するための魔銃「ガンゴール」を入手する。イーノックの72の欠片の一つ。ゲーム中の一人称は「俺」だが予約特典の「神話構想記」では「僕」と言っている。
ルア
- 山口立花子
堕天した姉の代わりに隼人と行動を共にする権天使。スタイルの良い巨乳で魔法使いのような帽子をかぶり、ピンク色のくるくると巻いた髪をしており、胸元の大きく開いた紫の服を着ている。ガンゴールと共に箱の中に入っていたタブレットを使用して隼人をサポートする。アストラル同様に「知恵の実システム」でスキルを覚える。
バルシア
声 - 沢城みゆき
ルアの双子の姉の中位天使。ショートヘアでストライプのセーター、ショートパンツを着用している。隼人のサポートをするはずがなぜか堕天しガンゴールを預けて姿を消した。
ルシフェル
声 - 竹内良太
男性の姿をした大天使。フランクで現代的な黒い服を着ている。
イーノック
声 - 三木眞一郎
元農民だった天界で書記官を務める青年。ほとんど無口だった原作ゲームとは違い普通にしゃべる。本作では彼がルシフェルの台詞「そんな装備で大丈夫か?」を用いる事がある。予約特典のDLCで使役可能。
ミカエル
声 - 湯口和明
グリゴリの天使団を率いる熾天使。バルシアにガンゴールを授ける任務を指示する。
ラジエル
声 - 西村知道
座天使の長。
サマエル
声 - 森川智之
堕天使だが、人間の医者として仕事をしている。人間になるために地上に堕ちて受肉した。いつも懐中時計を持っており、時間にうるさい。
イェクン
声 - 堀内賢雄
サマエルやマステマと行動を共にする堕天使。 派手な外見で女性と見れば口説きにかかる軽い性格だが、仲間意識が強い。男の顔は基本的に覚えられない。天界に対する敵愾心が強くルアに対して辛辣、マステマ同様に独断で隼人達に襲い掛かって来る。
マステマ
声 - 氷青
サマエルに師事し、行動を共にする。外見は大人な女性。サマエルを愛するために堕天したが、 その愛は愛を勘違いしたもので、歪んでいる。
クトゥルー
声 - 黒田崇矢
邪神の一人。
段田リオン
声 - 三木眞一郎
書店“魔女の家”の店主。 しゃべりだすと止まらない物知り。口調はぶっきらぼうで、とっつきが悪いが本人に自覚はない。猫が大好き。アイテムの売買や隼人達に知恵を貸してくれる。ポイントカードといった工夫を取り入れる柔軟性を持っている。
淡島ががち
声 - 氷青
バフ効果のあるお風呂、摩訶温泉にいる少し怪しげな雰囲気をもつ銭湯の番頭。 世辞に弱い。うっかりしたところがあり、細かいことは気にしない性格。
番場安隆
声 - 岸野一彦
隼人行きつけのカメラ屋、パンデモカメラの店主。 職人気質で無愛想だが、気に入った客には何かと力を貸してくれる。武器や防具といった装備の強化や鑑定をしてくれる。
猿谷編集長
声 - 石塚運昇
隼人の上司である「Lost」の編集長。何処からか怪しい噂や都市伝説を聞いてきては、隼人に調べさせている。

出典[編集]

外部リンク[編集]