ザルガイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザルガイ科
生息年代: 白亜紀現世
Trachycardium.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 異歯亜綱 Heterodonta
階級なし : Euheterodonta
: マルスダレガイ目 Veneroida
上科 : ザルガイ上科 Cardioidea
: ザルガイ科 Cardiidae
学名
Cardiidae Lamarck1809
シノニム

Lymnocardiidae

英名
Cockle

中名 鳥蛤科 (niǎo gé kē)

ザルガイ科(ザルガイか、Cardiidae)は、二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目に含まれる科である。

単独でザルガイ上科を構成する。かつてはシャコガイ科 Tridacnidae もザルガイ科と並んでザルガイ上科に含まれていたが、今日ではザルガイ科の中の一亜科、シャコガイ亜科 Tridacninae として統合された。ただしこのほか、シオヤナミノコガイ科 Hemidonacidae をザルガイ上科に含めることもある[1]が、系統的には離れている[2]ザルガイシャコガイトリガイなどが含まれる。

形態[編集]

貝殻表面の放射肋(蝶番部から伸びる放射状の畝)が特徴である。「ザルガイ」の名は、放射肋が(ざる)のように見えることからきており、ザルガイ以外にも「〜ザル」という和名が多い。属名のCardiumはギリシャ語で心臓を意味する。ザルガイ科の貝殻は膨らみが大きく、前端または後端部から眺めたとき断面がハート型に見えるものが多い。殻頂に弱い主歯2個、殻頂前後に長い側歯をもつ。強い足が発達し「く」の字形に折り曲げて、よく膨らんだ貝殻の中に収めることができる。足の膝の内部に生殖腺、太腿の部分に腸があり、足のつけねに胃や消化腺がある。二枚貝の特徴として、前後に閉殻筋があり、出水管は後部背面側、入水管は後部腹側にあるが、ザルガイ科水管は短く、套線の湾入も認められない。水管の先端に多数の触角と眼点をもつ。2枚の弁鰓型の(demibranch)が殻頂内部から後方にかけて横たわる。足のつけねの鰓と前方閉殻筋のあいだには唇弁があり、鰓を通過した食物を口へ運ぶのに役立つ[3][4][5]

生態[編集]

強い足をつかって砂泥底にすばやく潜り、水管をわずかに砂底に出す。吸入した海水から微生物などをこしとって餌とする。雌雄の別はあるが交尾はせず、外観からは性別はわからない。日本近海のザルガイは夏季に放卵・放精して繁殖する[6]。ザルガイ科の中で、シャコガイ亜科オオヒシガイ亜科の貝は、褐虫藻と光共生を営む[7][8]

種類[編集]

ザルガイ科は、以下のような亜科および属ないし種を含む[9][10][11][12]。  

ザルガイ科

Frigidocardium

Microcardium

Tridacninae シャコガイ亜科

Orthocarditinae

Lymnocardiinae

オオヒシガイ亜科

Americardia,Ctenocardia など

Fragum カワラガイなど

Fraginae 
イシカゲガイ亜科

イシカゲガイなど

Clinocardiinae
ワダチザルガイ亜科

Cardium ワダチザルガイ属

Fulvia トリガイ属

Cardiinae 

Laevicardiinae スベリザルガイ亜科

Trachycardiinae ザルガイ亜科

Cardiidae 
 Herrera (2015)らによるザルガイ科関連の分岐図[10]


(ザルガイ科の直下にあって現在どの亜科に分類されない属)
  Frigidocardium属;アサヒザルガイを含む。インド-西太平洋産。
  Microcardium属;西太平洋産。  

Tridacninae シャコガイ亜科[13]
Tridacna オオシャコガイ属, Template:Snami シャゴウガイ属。  
Orthocardiinae 亜科
Afrocardium ebaranum ベニバトガイ, Lyrocardium lyratum ギンギョガイ。
Lymnocardiinae 亜科
欧州産。Acanthocardia属などをふくむ。
Fraginae オオヒシガイ亜科
Americardia media フロリダハナザル, Corculum (Corculum cardissa), リュウキュウアオイ, Ctenocardia victor アサノユキザル, Fragum, オオヒシガイ属[14], Lunulicardia retusa モクハチアオイを含む。
Clinocardiinae イシカゲガイ亜科
Clinocardium buellowi イシカゲガイ, Serripes laperousii ナガウバトリガイ。
Cardiinae ワダチザル亜科
Cardium, Fulvia トリガイ属, Schedocardia[15], Vepricardium asiaticum アジアザルガイ[16]を含む。
Laevicardiinae 亜科
Dinocardium robustum オオザルガイ, Laevicardium biradiatum スベリザルガイ, Nemocardium キンギョガイ属。
Trachycardiinae ザルガイ亜科
Acrosterigma, Dallocardia muricata[5], Papyridea (Papyridea soleniformis), フロリダオナガトリガイ, Trachycardium, (Trachycardium egmontianum), Vasticardium リュウキュウザルガイなどを含む。

人との関係[編集]

トリガイの足は歯ごたえがあって美味く、寿司ネタになる。欧米ではAtlantic giant cockleなどがクラムチャウダーの材料とされる[12]江戸時代後期の武蔵石壽による『目八譜』(Mokuhachi-fu)では『籮介』(ざるがい)や『茶碗貝』(ちゃわんがい=トリガイ)などが図示されている[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Species list - Assembling the Tree of Life: Bivalvia project (BivAToL)
  2. ^ Taylor, J. D.; Williams, S. T.; Glover, E. A.; Dyal, P., “A molecular phylogeny of heterodont bivalves (Mollusca: Bivalvia: Heterodonta): new analyses of 18S and 28S rRNA genes”, Zoologica Scripta 36 (6): 587?606 
  3. ^ 佐々木猛智『貝類学』p.197,203,223,230,263. 東京大学出版会. (2010). ISBN 978-4130601900. http://www.um.u-tokyo.ac.jp/hp/sasaki/04-Sasaki-publications/text/JB009-Sasaki-2010-1-3.htm 
  4. ^ Anatomy of the cockle Acanthocardia tuberculata”. European Union Reference Laboratory. 2022年3月21日閲覧。
  5. ^ a b Javier H. Signorelli, Mauricio Leme da Fonseca, F. Scarabino, F. Passos (2019). “The genus Dallocardia (Mollusca: Bivalvia: Cardiidae) in the Southwestern Atlantic Ocean”. Marine Biodiversity III 49: 2753–2773. 
  6. ^ Yanin Limpanont, Hyun-sung Yang, Seung-hwan Won, Seock-jung Han, Joon-baek Lee, Byung-gul Lee and Kwang-sik Choi (2010). “First Report on the Annual Reproductive Cycle of Burchardi’s cockle, Acrosterigma (Vasticardium) burchardi F. Dunker, 1877 (Bivalveia: Cardiidae) on a Subtidal Sand Flat off Southern Jeju Island, Korea”. Invertebrate Reproduction and Development 54 (1): 27–34. 
  7. ^ Shedding light: A phylotranscriptomic perspective illuminates the origin of photosymbiosis in marine bivalves”. Jingchun Li et al. 2021年3月13日閲覧。
  8. ^ Lisa Kirkendale, Jan Johan ter Poorten, Peter Middelfart and Joseph G. Carter (2021). “A New Photosymbiotic Marine Bivalve with Window Shell Microstructure (Cardiidae: Fraginae)”. Phuket mar. biol. Cent. Res. Bull. 78: 125–138. 
  9. ^ Cardiidae”. worms. 2021年3月14日閲覧。
  10. ^ a b Molecular phylogenetics and historical biogeography amid shifting continents in the cockles and giant clams (Bivalvia: Cardiidae)”. Nathanael D. Herrera et al.. 2021年5月1日閲覧。
  11. ^ 『世界文化生物大図鑑 貝類 p.308』世界文化社、2004年。ISBN 4-418-04904-5 
  12. ^ a b Seashells of North Carolina. North Carolina Sea Grant Collage Program. (1998) 
  13. ^ シャコガイ亜科”. jamstec. 2021年3月14日閲覧。
  14. ^ Fragum”. worms. 2021年3月14日閲覧。
  15. ^ Schedocardia”. worms. 2021年3月21日閲覧。
  16. ^ 中国北部湾潮間帯現生貝類図鑑 328亚洲鸟蛤. 科学出版社. (2016) 
  17. ^ 武蔵石壽 (1843). “(六十二)籮介”. 『目八譜』 (第三巻): 62. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1286774/49. 

外部リンク[編集]