サーシャ・バクティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サーシャ・バクティン
基本情報
本名 アレクサンデル・バクティン
通称 King Alexander
階級 バンタム級
身長 170cm
国籍 ロシアの旗 ロシア
誕生日 (1981-08-06) 1981年8月6日(36歳)
出身地 ロシアチタ州クラスノカーメンスク
スタイル 右ボクサー
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 31
KO勝ち 12
敗け 0
テンプレートを表示

サーシャ・バクティン(Sasha Bakhtine、1981年8月6日 - )は、ロシアチタ州(現・ザバイカリエ地方クラスノカーメンスク出身のプロボクサー。本名はアレクサンデル・バクティン(Alexander Bakhtin)。第60代日本バンタム級王者。第40代OPBF東洋太平洋バンタム級王者。協栄ボクシングジム所属選手としてプロデビュー。2009年より沖縄ワールドリングジム所属。速射砲のようなジャブと堅いディフェンスを武器とする。

来歴[編集]

ロシアではアマチュアエリートとして1998年には欧州ユース選手権優勝・世界ユース選手権3位となるなど活躍。プロを目指して来日し、協栄ジム入り。勇利アルバチャコフらを世界王者に育て、エディ・タウンゼント賞を受賞したアレクサンドル・ジミンをトレーニングパートナーとする。

2000年11月20日後楽園ホールで行われたプロデビュー戦に6R判定勝利を収めた。

2003年2月17日仲宣明が返上し空位の日本バンタム級王座決定戦で、日本同級1位として同2位の額賀勇二を7RTKOで下し王座獲得。その後、瀬川設男川端賢樹らを相手に同王座を9度防衛。

2006年2月26日六本木の路上で2名を殴り怪我を負わせ、警視庁麻布警察署に傷害容疑で逮捕され、協栄ジムから解雇された。JBCより3か月の資格停止処分を科され、日本王座も返上。その後示談が成立し釈放されたため、2007年4月、協栄ジムに復帰[1]。同年7月1日、元OPBF東洋太平洋バンタム級王者ジェス・マーカを8RTKOで下し再起を果たした。2008年4月21日、元日本ライトフライ級王者本田秀伸との試合。ディフェンスマスターと綽名されKO負けの無い本田を7RKOでくだした。

2008年12月31日ロリー松下が世界戦のため返上し空位のOPBF東洋太平洋バンタム級王座決定戦を、広島サンプラザホールにて金成国と争い、10R負傷判定3-0で王座を獲得した。この試合はWBA世界フライ級タイトルマッチ坂田健史 vs. デンカオセーン・シンワンチャーの前座で行われた。その後、協栄ジムより沖縄ワールドリングジムへ移籍を決意。2009年1月24日までにJBCへ移籍届の提出を済ませた。

2009年7月5日、移籍初戦として沖縄北谷ドームで4位のリチャード・サモシルと対戦し、5度のダウンを奪って8RTKO勝利を収め、OPBF東洋太平洋バンタム級王座の初防衛に成功した[2]。この後、同年10月9日付でOPBF王座を返上してロシアに帰国し[3]、2か月余り後の12月25日にはプロ転向後初の日本以外における試合をモスクワで行い、9RTKO勝利を収めた[4]

2010年2月22日、昨年12月に続き、故郷ロシアのリングでニック・オテーノ(ケニア)と対戦し、12回3-0(2者が120-107、120-108)の大差判定勝ちを収めた[5]

2011年3月27日、ホームタウンのモスクワ近郊バラシクバでムブワナ・マトゥムラ(タンザニア)と10回戦を行い、大差判定勝利を収めた[6]

2011年5月21日、ロシア・モスクワでホセ・アンヘル・ベランサ(メキシコ)とノンタイトル10回戦を行い、ジャッジ2人が10点差をつける一方的な内容で大差判定勝利を収めた[7]

2012年4月4日、元WBA世界バンタム級暫定王者ネオマール・セルメニョベネズエラ)とWBAインターナショナルスーパーバンタム級王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2012年9月18日、元OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者ロリ・ガスカフィリピン)とIBO世界スーパーバンタム級王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちで王座獲得に成功した[8]

2013年4月20日、自身の健康問題を理由に引退を表明[9]。今後は議員を目指す予定。

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:134戦130勝(60KO・RSC)4敗
  • プロボクシング:31戦31勝(12KO)無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2000年11月20日 勝利 6R 判定3-0 ビホック・ジョッキージム タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2001年2月19日 勝利 8R 判定3-0 ポーン・セーンモラコット タイ王国の旗 タイ
3 2001年5月21日 勝利 10R 1:42 TKO ルーンチャイ・ムアンスリン タイ王国の旗 タイ
4 2001年8月20日 勝利 6R 2:49 TKO 臼井知史 日本の旗 日本
(ヨネクラ)
5 2001年12月17日 勝利 10R 判定3-0 熟山竜一 日本の旗 日本
(JM加古川)
6 2002年10月9日 勝利 2R 1:40 KO サン・シスナルポン タイ王国の旗 タイ
7 2003年2月17日 勝利 7R 2:22 TKO 額賀勇二 日本の旗 日本
(鹿島灘)
日本バンタム級王座決定戦
8 2003年4月21日 勝利 8R 0:35 TKO 村越裕昭 日本の旗 日本
(三津山)
日本王座防衛1
9 2003年12月15日 勝利 10R 判定3-0 木嶋安雄 日本の旗 日本
(角海老宝石)
日本王座防衛2
10 2004年3月15日 勝利 10R 判定3-0 熟山竜一 日本の旗 日本
(JM加古川)
日本王座防衛3
11 2004年7月19日 勝利 10R 判定3-0 瀬川設男 日本の旗 日本
(ヨネクラ)
日本王座防衛4
12 2004年10月18日 勝利 10R 判定3-0 池森久貴 日本の旗 日本
(帝拳)
日本王座防衛5
13 2005年2月21日 勝利 10R 判定3-0 熟山竜一 日本の旗 日本
(JM加古川)
日本王座防衛6
14 2005年5月16日 勝利 10R 判定3-0 川端賢樹 日本の旗 日本
(姫路木下)
日本王座防衛7
15 2005年10月17日 勝利 10R 判定3-0 立木正祥 日本の旗 日本
(花形)
日本王座防衛8
16 2006年2月20日 勝利 10R 判定3-0 木嶋安雄 日本の旗 日本
(角海老宝石)
日本王座防衛9
17 2007年7月1日 勝利 8R 1:46 TKO ジェス・マーカ フィリピンの旗 フィリピン
18 2007年10月15日 勝利 2R 1:37 TKO 大鹿賢 日本の旗 日本
(中外)
19 2008年4月21日 勝利 7R 1:13 KO 本田秀伸 日本の旗 日本(グリーンツダ)
20 2008年7月21日 勝利 8R 1:06 TKO 梶山友揮 日本の旗 日本
(平石)
21 2008年10月12日 勝利 10R 判定3-0 ヘルソン・ゲレーロ メキシコの旗 メキシコ
22 2008年12月31日 勝利 10R 1:07 負傷3-0 金成国 大韓民国の旗 韓国 OPBF東洋太平洋バンタム級王座決定戦
23 2009年7月5日 勝利 8R 2:23 TKO リチャード・サモシル  インドネシア OPBF防衛1/返上
24 2009年12月25日 勝利 9R 3:00 TKO ノシル・ルジマトフ  ウズベキスタン
25 2010年2月22日 勝利 12R 判定3-0 ニック・オティエノ  ケニア
26 2011年3月27日 勝利 10R 判定3-0 ムブワナ・マツムラ タンザニアの旗 タンザニア
27 2011年5月21日 勝利 10R 判定3-0 ホセ・アンヘル・ベランザ メキシコの旗 メキシコ
28 2011年11月4日 勝利 10R 判定3-0 ルイス・メレンデス  コロンビア
29 2012年4月4日 勝利 12R 判定3-0 ネオマール・セルメニョ ベネズエラの旗 ベネズエラ WBAインターナショナルスーパーバンタム級王座決定戦
30 2012年9月18日 勝利 12R 判定3-0 ロリ・ガスカ フィリピンの旗 フィリピン IBO世界スーパーバンタム級王座決定戦
31 2013年3月31日 勝利 4R 1:10 TKO ヨフリ・エレラ  コロンビア
テンプレート

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 帰ってきたロシアのエリートボクサー 日本王座連続9度防衛のサーシャ・バクティンが5月復帰へ スポーツナビ 2007年3月30日閲覧
  2. ^ 沖縄移籍のサーシャ圧勝 東洋太平洋バンタム級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月5日閲覧
  3. ^ サーシャが東洋太平洋王座返上 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年10月13日閲覧
    返上の日付は、周辺事情を伝えるこの記事には10月8日とあるが、OPBFの公式サイトでは9日とされていた。
  4. ^ サーシャ母国で勝利するも…相手がリング禍に ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月26日閲覧
  5. ^ サーシャ、凱旋2戦目は判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2010年2月24日閲覧
  6. ^ サーシャ、元マイナー王者を完封 5月再登場 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年3月29日閲覧
  7. ^ サーシャ、地元で27連勝マーク ボクシングニュース「Box-on!」 2011年5月22日閲覧
  8. ^ サーシャがIBO王座獲得 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月20日閲覧
  9. ^ サーシャ・バクティン引退表明 31勝無敗 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月25日閲覧

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
仲宣明
第60代日本バンタム級王者

2003年2月17日 - 2006年3月10日(返上)

空位
次タイトル獲得者
池原信遂
空位
前タイトル保持者
ロリー松下
第40代OPBF東洋太平洋バンタム級王者

2008年12月31日 - 2009年10月9日(返上)

空位
次タイトル獲得者
マルコム・ツニャカオ