サン=クーリツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Saint-Coulitz
Saint-Coulitz (29) Église 06.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) シャトーラン郡
小郡 (canton) シャトーラン小郡
INSEEコード 29243
郵便番号 29150
市長任期 ジル・サラウン
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de Communes du Pays de Châteaulin et du Porzay
人口動態
人口 421人
2010年
人口密度 38人/km2
住民の呼称 Saincoulizien, Saincoulizienne
地理
座標 北緯48度11分28秒 西経4度03分36秒 / 北緯48.191111度 西経4.06度 / 48.191111; -4.06座標: 北緯48度11分28秒 西経4度03分36秒 / 北緯48.191111度 西経4.06度 / 48.191111; -4.06
標高 平均:m
最低:6m
最高:212m
面積 11.22km2
Saint-Coulitzの位置(フランス内)
Saint-Coulitz
Saint-Coulitz
公式サイト Site de la commune
テンプレートを表示

サン=クーリツSaint-Coulitzブルトン語:Sant-Kouled)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

歴史[編集]

サン=クーリツは、1675年に発生した印紙税一揆(fr)に関係したことが知られている。

1848年、シャトーランの実業家ルイ・ギジアンがサン=クーリツにスレート石工場を設置した[1]

1989年、トーゴ系フランス人エンジニアで1983年よりコミューン議会議員を務めてきたコフィ・ヤムニャンヌ(fr)がフランス社会党の首長として選出され、メディアの関心を集めた。ヤムニャンヌは、フランス・メトロポリテーヌで非常に珍しい、有色人種住民のいないコミューンでの黒人の地方自治体首長となったが、初めての黒人の地方自治体首長となったわけではない。同じく社会党所属であったアンティル諸島出身のラファエル・エリゼは1929年に、当時の人口が約6000人だったサブレ=シュル=サルト市長となっている。近年では、レオポール・サンゴールの甥であるオギュスト・サンゴールが人口800人のコミューン、メ=シュル=エヴルの首長となっている(1975年から1989年)。その後オギュスト・サンゴールは、2008年から人口2000人のサン=ブリアック=シュル=メールの首長となっている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
415 357 372 348 354 386 424 421

参照元:1999年までEHESS[2]、2000年以降INSEE[3][4]

サン=クーリツの人口増減グラフ

脚注[編集]