サン・ミシェル橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サン=ミシェル橋
サン・ミシェル橋
基本情報
フランス
所在地 パリ
交差物件 セーヌ川
設計者
施工者
ポール=マルタン・ガロシェ・ド・ラガリスリ
ポール・ヴォドレー
建設 1857年
座標 北緯48度51分15秒 東経2度20分41秒 / 北緯48.85417度 東経2.34472度 / 48.85417; 2.34472座標: 北緯48度51分15秒 東経2度20分41秒 / 北緯48.85417度 東経2.34472度 / 48.85417; 2.34472
構造諸元
形式 アーチ橋
全長 62m
30m
最大支間長 17.2m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

サン=ミシェル橋サン・ミシェル橋フランス語: Pont Saint-Michel)は、フランスパリセーヌ川に架かる橋である。ノートルダム大聖堂のあるシテ島の南岸に架かる。

1378年に初めて橋がかけられて以来、数回架け替えが行われてきた。当初は木造であったが、1617年に4連アーチで構成される石造橋とされた[1]。この石造橋の建設年代はStructuraeのサイトによれば1618年着工1624年完工となっている[2]。現在架かっている橋は1857年にポール=マルタン・ガロシェ・ド・ラガリスリポール・ヴォドレの設計のもと架けられた3連アーチ橋である。フランス第二帝政におけるジョルジュ・オスマンの旗振りによる都市改造の一環であった[1]。装飾の “N” はナポレオンの頭文字で[3]、これはナポレオン3世が該当する[1]

アルベール・マルケ(1908年ごろ)[4]石井柏亭(1923年)[5]がこの橋を描いている。

交通[編集]

隣の橋[編集]

(上流)ドゥブル橋プティ・ポンサン=ミシェル橋ポン・ヌフポンデザール(下流)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 渡辺淳『パリの橋』丸善〈丸善ブックス〉、2004年。86-88頁。
  2. ^ Pont Saint-Michel (Paris ( 1 er )/Paris ( 5 ème ), 1624)”. Structurae. 2018年5月26日閲覧。
  3. ^ Le pont Saint-Michel”. 2018年5月26日閲覧。
  4. ^ モネの初来日作はピクニック!?東京都美術館で「プーシキン美術館展――旅するフランス風景画」”. オズモール. スターツ出版. 2018年5月26日閲覧。
  5. ^ サン・ミシェル橋”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2018年5月26日閲覧。