サン・オリエント・サン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サン・オリエント・サン』は宝塚歌劇団舞台作品。雪組[1]公演。

併演作品は『かもめ翔ぶ海[1]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[2]を参照

アジア東西を結ぶシルクロードに位置するオリエントの世界。中近東中国、シルクロードといったオリエントの世界を描いたショー作品。

一人の女・サンサーラ(演:遥くらら)が、まだ来ない「あの人」を待ち続ける。

グレープコニャック、コーンバーボン、ピートスコッチの三人組が、狂言回し的に物語を進行した。

公演期間と公演場所[編集]

宝塚大劇場公演のデータ[編集]

形式名は「ショー[2]」。18場[2]。副題は「太陽讃歌[2]」。

スタッフ(宝塚大劇場)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 151、216.
  2. ^ a b c d e f 100年史(舞台) 2014, p. 151.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 216.
  4. ^ a b c d e 100年史(人物) 2014, p. 200.
  5. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 201.

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0