サンミゲル島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンミゲル島
São Miguel
Sete cidades twin lakes.JPG
セテ・シタデス山の2つのカルデラ湖
座標 北緯37度48分35秒 西経25度12分51秒 / 北緯37.80972度 西経25.21417度 / 37.80972; -25.21417座標: 北緯37度48分35秒 西経25度12分51秒 / 北緯37.80972度 西経25.21417度 / 37.80972; -25.21417
面積 759 km²
最高標高 1105 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 ポルトガルの旗 ポルトガル
テンプレートを表示
サンミゲル島の位置

サンミゲル島(Ilha de São Miguel)はアゾレス諸島最大のポルトガル領。アゾレス諸島の東部群島のひとつで、面積は759 km²。人口は約13万人(2001年)で、アゾレス諸島全体の人口の半分強にあたる。

島は東西にほぼ90 kmに伸び、南北に8から15 kmの幅がある。アゾレス諸島の他の島同様に火山島であり、島内には多くの温泉間欠泉が見られる。東から、フルナス、フォゴ、セテ・シタデスの3つの成層火山があり、それぞれにカルデラ湖が付属している。最後に噴火が見られたのはセテ・シタデス山で1880年のことである。島内中央部のフルナスには温泉があり、観光客が集まる。

島内はラゴア、ノルデステ、ポンタ・デルガダ、ポヴォアサゥン、リベイラ・グランデ、ヴィタ・フランカ・デ・カンポの6つの行政区(市)に分かれる。主要な街はみな海に面している。ポンタ・デルガダの人口は、7万人(2004年)で、アゾレス諸島の人口の3分の1以上が集中するアゾレス諸島最大の都市である。またアゾレス諸島自治区の首都であり、行政と文化の中心となっている。1976年にはアゾレス大学が設置された。またポンタ・デルガダには島内最大の港と空港がある。市の西端に位置する空港からは、ポルトガル本土のリスボンおよびポルトから航空便が開設され毎日発着するほか、アゾレス諸島の他の島にも定期便が就航しており、観光の拠点ともなっている。

島内の主な産業は、漁業、観光、パイナップルの生産である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]