サンマリンツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンマリンツアー株式会社
Sunmarinetour.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江字飛江田979-1
設立 2006年11月
業種 旅行業・陸運業
法人番号 8350001004899
事業内容 旅行業
乗合バス事業
貸切バス事業
代表者 代表取締役 久田 昭一
資本金 1200万円
外部リンク http://www.sunmarinetour.com/
テンプレートを表示

サンマリンツアー株式会社は、宮崎県宮崎市に本社を置き、旅行業、乗合バス、貸切バス事業等を営んでいた株式会社である。

2006年に設立され、宮崎市と福岡市を結ぶツアーバス(のち高速乗合バス)「サンマリンライナー」を主催、運行してきたが、「サンマリンライナー」については2016年3月16日付で南九州観光バスに事業譲渡の認可が出され[1]、その後、同社に譲渡された。「サンマリンライナー」の事業譲渡と同時期に旅行業・貸切バス事業も休止し、2018年4月、会社の清算が完了し法人格が消滅した。

本記事では事業譲渡後の「サンマリンライナー」についても記述する。

沿革[編集]

  • 2006年11月10日 - 設立。
  • 2008年10月20日 - ツアーバス「サンマリンライナー」の運行委託先をアイ観光バスから佐土原運送に変更。クジラデザインのバス運行開始。
  • 2010年11月29日 - 一般貸切自動車運送事業許可。その後、サンマリンライナーを直営運行に変更。
  • 2013年7月29日 - 一般乗合自動車運送事業許可。
  • 2013年8月1日 - 従来運行していた博多-宮崎-佐土原間のツアーバス「サンマリンライナー」を乗合化。
  • 2014年2月20日 - 停車停留所増設(益城バスストップ清武バスストップ
  • 2014年7月1日 - この日より7月16日まで「サンマリンライナー」を運休。
  • 2014年7月17日 - 「サンマリンライナー」をダイヤ改正し運行再開。
  • 2016年3月 - 「サンマリンライナー」を南九州観光バスに譲渡。
  • 2018年4月11日 - 清算結了[2]

バス事業[編集]

宮崎県宮崎市佐土原町下田島19228-2-102に営業所とバス事業部を置く。

高速バス「サンマリンライナー」[編集]

博多駅筑紫口バス停に停車中のサンマリンライナー
経路
博多駅筑紫口(合同庁舎前) - 益城バスストップ - 都城北バスストップ - 清武バスストップ- 南宮崎駅前 - 宮崎駅東口 - 阿波岐原(あわきがはら) - 佐土原待機所

福岡市と宮崎市を結ぶ高速バス。ツアーバスとして運行していたが、2013年8月1日に高速ツアーバスの乗合化に伴い乗合バスに移行し、1日3往復の運行を開始した。所要時間は博多発佐土原行きが4時間35分、佐土原発博多行きが4時間50分〜5時間となっている。運行距離は片道約317km・往復約634kmで、ワンマン運転を行う。

車両は2010年12月11日より[3]新車のハイデッカー・4列シート・トイレ付きの日野・セレガいすゞ・ガーラが使用されている。

自社ウェブサイトおよび楽天トラベル高速バスドットコムでインターネット予約を取り扱うほか、サンマリンツアー本社事務所および主に宮崎市内にあるチケット取扱代理店の旅行会社で予約発券を取り扱う。運賃はツアーバス時代のおよそ2倍となる片道3500円となったが、往復割引で6000円となる。また、2013年12月1日乗車分より回数券、WEB割が設定され、10枚つづり回数券の場合1回あたり2300円となる。

2014年2月20日からは新たに益城・清武の2停留所が追加された。なお、宮崎県内のみおよび益城 - 博多間のみの利用(乗車区間に益城 - 都城北間を含まない利用)はできない。

2014年7月17日の運行再開に伴い、ダイヤ改正が行われた。運行本数は改正前と同じ3往復であるが、博多を朝出発する便と宮崎を午後に出発する便が廃止され、3往復とも宮崎発が午前中、博多発が午後の発車となり、宮崎県から博多への行楽、旅行等に特化したダイヤとなった。

2017年11月3日より3往復中1往復が土日祝日・繁忙期のみの運行となった。

ツアーバスとしての運行開始当初はサンマリンライナーがツアーの催行を行いアイ観光バスが運行していたが、2008年10月20日に運行会社が佐土原運送に切り替えられ、さらに自社で一般貸切自動車運送事業許可を取得して貸切バス事業を立ち上げ、2010年12月から自社での運行に変更している。ただし多客時などは南九州観光バスに運行委託したこともある。ツアーバス最終期には最大で1日5往復の設定であった。アイ観光バスと佐土原運送は運行委託解除後、それぞれ「アイあいライナー」「トラポータ・ライン」の名で自社催行による福岡 - 宮崎間の都市間ツアーバス事業に参入したが、2013年8月1日の所謂「新高速乗合バス制度」の施行に伴い、乗合バスには移行せず運行を中止した。

貸切バス[編集]

2010年11月に事業許可。当初は上記のように都市間ツアーバス「サンマリンライナー」を主力としたが、「サンマリンライナー」乗合化後も貸切バス事業は継続していた。

脚注[編集]

  1. ^ 一般乗合旅客自動車運送事業の譲渡譲受等認可 (PDF) - 国土交通省九州運輸局
  2. ^ サンマリンツアー株式会社の情報 - 国税庁法人番号公表サイト
  3. ^ 待ちに待った新型新車運行!!! - サンマリンの日々徒然(スタッフブログ)、2010年12月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]