サント=フォワ=レ=リヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sainte-Foy-lès-Lyon
Blason ville fr Sainte-Foy-lès-Lyon (Rhône).svg
Tour rive Saone.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) メトロポール・ド・リヨン
(arrondissement) リヨン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 69202
郵便番号 69110
市長任期 ミシェル・シャパ
2008年-2014年
人口動態
人口 22 151人
(2007)
人口密度 3 243人/km2
住民の呼称 Fidésiens[1]
地理
座標 北緯45度44分05秒 東経4度48分12秒 / 北緯45.734722度 東経4.803333度 / 45.734722; 4.803333座標: 北緯45度44分05秒 東経4度48分12秒 / 北緯45.734722度 東経4.803333度 / 45.734722; 4.803333
標高 平均:m
最低:170 m
最高:322 m
面積 6 83km2
Sainte-Foy-lès-Lyonの位置(フランス内)
Sainte-Foy-lès-Lyon
Sainte-Foy-lès-Lyon
公式サイト site officiel
テンプレートを表示

サント=フォワ=レ=リヨンSainte-Foy-lès-Lyon)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏メトロポール・ド・リヨンコミューン

由来[編集]

コミューン名は、3世紀にアジャンで殉教したキリスト教の聖人アジャンのフォワに由来する。サント=フォワという他の地名と区別する目的で、リヨンに近いためレ=リヨンと付けられている。

地理[編集]

サント=フォワ=レ=リヨンは、リヨン市街を西側から見下ろす位置にある。ノートルダム・ド・フルヴィエール大聖堂のちょうど南にあり、東のソーヌ川ローヌ川の合流地点である。西と南はイゼロン川谷であり、フランシュヴィル、ウランといったコミューンとの境界になっている。緑が多く非常に良い住環境であり、リヨンからサント=フォワの中心まで車で15分ほどである。サント=フォワ北部はリヨン5区と接している。

歴史[編集]

サント=フォワの地はガリアの植民都市ルグドゥヌム(fr)に近接していた[2]。サント=フォワの地は古代都市の南端にあたり、少なくともローマ街道が2本通っていた。1つはローヌ川右岸を通り、ルグドゥヌムとヴィエンヌとをつなぐ、現在のフォンタニエール道だった[3]。もう1つはサン=サンフォリアン=シュル=コワーズ(fr)へ向かう現在のシャントグリエ道である[4]

ローマ人が築いたジエ水道は、現在の地域に7つの異なる遺跡を残している。その他には、古代の終わりから中世にかけての共同墓地、古代の陶器とtegulae、サルコファガスの断片、用途不明の建物跡、ガロ=ローマ時代の住居跡が見つかっている[5][6]

1189年からフランス革命まで、サント=フォワはサン=ジャン修道会に依存していた。

1834年、学校校舎が建てられた。1840年に毎週1回の市場が開かれるようになり、1843年には破壊され放置されたままだった旧教区教会にかわる新しい教区教会が建てられた。1880年代、フィロキセラ流行でワイン用ブドウ栽培は崩壊し、土地は樹木栽培と住宅資産に徐々に転換していった。1885年、ラ・ミュラティエールがコミューンとして分離した。

サント=フォワの経済は、1974年に医薬品製造会社ラボラトワール・ボワロン(fr)がやってきたことが転換点となった。1986年にはローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がサント=フォワを訪問した。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
9 592 16 583 21 698 21 521 21 450 22 193 22 208

Sources : Cassini[7] et Insee[8]

史跡[編集]

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gentilé sur le site habitants.fr Consulté le 29/09/2008.
  2. ^ Walker St., L'habitat rural dans la région Rhône-Alpes (Ier s. av. J. C.-V s. ap. J. C.), 1981, p.102
  3. ^ Odile Faure-Brac, Carte archéologique de la Gaule - Le Rhône, 69/1, 2-87754-096-0, pp. 366 et 367
  4. ^ Odile Faure-Brac, Carte archéologique de la Gaule - Le Rhône, 69/1, 2-87754-096-0, p. 367
  5. ^ Odile Faure-Brac, Carte archéologique de la Gaule - Le Rhône, 69/1, 2-87754-096-0, pp. 367 et 368
  6. ^ J. F Artaud, Lyon souterrain ou observations archéologiques et géologiques faites dans cette ville depuis 1794 jusqu'en 1836, Lyon, 1846, cité dans Odile Faure-Brac, Carte archéologique de la Gaule - Le Rhône, 69/1, 2-87754-096-0, p. 11 (bibliographie) et pp. 367 et 368 (détails)
  7. ^ « Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui », sur site de l'École des hautes études en sciences sociales (consulté le 3 février 2010)
  8. ^ « Recensement de la population au 1er janvier 2007 », sur INSEE (consulté le 3 février 2010)