サント=ソランジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sainte-Solange
Sainte-Solange (CHer, Fr), l'église.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏Blason fr Centre-Val de Loire.svg
(département) シェール県Blason département fr Cher.svg
(arrondissement) ブールジュ郡
小郡 (canton) サン=ジェルマン=ル=ピュイ小郡
INSEEコード 18235
郵便番号 18220
市長任期 ジョルジュ・ラミ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Terroirs d’Angillon
人口動態
人口 1166人
2014年
人口密度 37人/km2
地理
座標 北緯47度08分14秒 東経2度33分02秒 / 北緯47.1372222222度 東経2.55055555556度 / 47.1372222222; 2.55055555556座標: 北緯47度08分14秒 東経2度33分02秒 / 北緯47.1372222222度 東経2.55055555556度 / 47.1372222222; 2.55055555556
標高 平均:? m
最低:142m
最高:179m
面積 31.85km2
Sainte-Solangeの位置(フランス内)
Sainte-Solange
Sainte-Solange
公式サイト Site officiel de la mairie
テンプレートを表示

サント=ソランジュSainte-Solange)は、フランスサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏シェール県コミューンベリー地方の守護聖人である聖ソランジュにちなんだ名称である。

地理[編集]

ブールジュから15kmの距離にある。レ=ゼクス=ダンギヨンとは7km離れている。コラン川の小さな支流ウアティエ川がコミューンを横切る。

歴史[編集]

9世紀まで、村の元々の名はサン・マルタン・デュ・クロ(Saint-Martin-du-Crôt)といい、この名称は現在も村のメイン・ストリートの名として残っている。

  • 9世紀、年若い羊飼いの娘ソランジュが、ポワティエ伯の息子ベルナール・ド・ゴティによって殺害された。神への愛のために、ベルナールからの結婚の申し出をソランジュは拒否したので、頭を切り落とされたのである。その後彼女の遺体は拾い集められ、生誕の地であるヴィルモンへ運ばれた。そこは村から2km離れていた。以後、村はサント=ソランジュと名付けられ、現在までフランス国内ただ一つしかない地名となっている。羊飼いは聖ソランジュと呼ばれ、ベリー地方の守護聖人となった。
  • 1511年、教会がドニ・ド・バル(元サン・パプール司教でベリー出身)によって聖別された。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2005年 2014年
668 594 846 1089 1257 1304 1222 1166

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[1]、2006年以降INSEE[2][3]

行事[編集]

毎年ペンテコストの月曜日、聖ソランジュを崇敬する巡礼が行われた。朝に教会でミサが行われると、聖遺物を掲げ礼拝行進が出発した。行列の一部には、羊飼いの扮装をした少女たちも加わっていた。かつては、多くの祝祭がカーニバルやサッカー・トーナメントのように組織化されていたが、次第に消滅していった。

脚注[編集]