サントゥラリー (ジロンド県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sainte-Eulalie

Blason ville fr Sainte-Eulalie (Gironde).svg
Ste Eulalie Mairie.JPG

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) ジロンド県Blason département fr Gironde.svg
(arrondissement) ボルドー郡
小郡 (canton) ラ・プレスキル小郡
INSEEコード 33397
郵便番号 33560
市長任期 ユベール・ラポルト
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Secteur de Saint-Loubès
人口動態
人口 4547人
2016年
人口密度 502人/km2
住民の呼称 Eulaliens
地理
座標 北緯44度54分32秒 西経0度28分19秒 / 北緯44.9088888889度 西経0.471944444444度 / 44.9088888889; -0.471944444444座標: 北緯44度54分32秒 西経0度28分19秒 / 北緯44.9088888889度 西経0.471944444444度 / 44.9088888889; -0.471944444444
標高 最低:10 m
最高:60m
面積 9.06km2
Sainte-Eulalieの位置(フランス内)
Sainte-Eulalie
Sainte-Eulalie
公式サイト http://www.mairie-ste-eulalie.fr
テンプレートを表示

サントゥラリーSainte-Eulalieガスコーニュ語:Senta Eulàlia)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ジロンド県コミューン。旧名をサントゥラリー・ダンバレス(Sainte-Eulalie d'Ambarès)といった。

地理[編集]

コミューンは、ガロンヌ川ドルドーニュ川に挟まれたアントル・ドゥー・メール地区(fr)の北に位置し、ボルドー都市地域とボルドー都市単位に含まれている。

フランス国鉄のシャルトル-ボルドー線が通る。

由来[編集]

コミューンの名は、聖ウラリーに捧げられた教区の名からきている。聖ウラリーは、304年に殉教した『メリダの乙女』である。

歴史[編集]

かつてモンフェラン家とアリエノール・ダキテーヌの保護下にあったサントゥラリーは、19世紀末までサントゥラリー・ダンバレスと呼ばれていた。モンフェラン家が推進して1141年にシケールによって建てられたボンリュー修道院は、農地の開発を始めた。修道院はワイン生産で名声を得て、未来のコミューンに今日まで続いているワイン生産の基盤を与えることになった。しかし1960年代以降、サントゥラリーは土地分譲による都市化の最初の波を経験し、それらは2000年代以降激しさを増し、住宅地や道路に利用されるため、ブドウ畑や牧草地は消滅していった。2009年以来、コミューンは都市再生局と協力して都市高密化計画に取り組んでいる。2013年には社会福祉住宅を含む多くの住宅が引き渡され、クロ・ド・コス、サバレットなどヨーロッパをほうふつとさせる名前の新しい地区が誕生した。

人口統計[編集]

2016年時点のコミューン人口は4547人で[1]、2011年時点の人口より1.62%減少した。

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2010年 2016年
1139 1953 2633 3365 3930 4189 4632 4547

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

史跡[編集]

  • ゲローの塔
  • サントゥラリー教会 - 教会の半円形の後陣は11世紀に建設された最古の部分であり、シュヴェのモディヨン(fr、コーニス、軒、バルコニーを支える建築要素)は槌で打たれた。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Population municipale légale en vigueur au 1er janvier 2019, millésimée 2016, définie dans les limites territoriales en vigueur au 1er janvier 2018, date de référence statistique : 1er janvier 2016.
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=31353
  3. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-33397
  4. ^ http://www.insee.fr