サンテニャン=グランリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Saint-Aignan-Grandlieu
Blason ville 44 Saint-Aignan-Grandlieu.svg
Saint-Aignan-Grandlieu église.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ロワール=アトランティック県Blason fr Loire Atlantique.svg
(arrondissement) ナント郡
小郡 (canton) ルゼ1小郡
INSEEコード 44150
郵便番号 44860
市長任期 ジャン=クロード・ルマソン
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) ナント・メトロポール
人口動態
人口 3590人
2012年
人口密度 200人/km2
住民の呼称 Aignanais
地理
座標 北緯47度07分28秒 西経1度37分46秒 / 北緯47.1244444444度 西経1.62944444444度 / 47.1244444444; -1.62944444444座標: 北緯47度07分28秒 西経1度37分46秒 / 北緯47.1244444444度 西経1.62944444444度 / 47.1244444444; -1.62944444444
標高 平均:m
最低:0m
最高:29m
面積 17.94km2
Saint-Aignan-Grandlieuの位置(フランス内)
Saint-Aignan-Grandlieu
Saint-Aignan-Grandlieu
公式サイト saint-aignan-grandlieu.fr
テンプレートを表示

サンテニャン=グランリューSaint-Aignan-Grandlieu)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県コミューン

地理[編集]

県におけるサンテニャン=グランリューの位置
グラン・リュー湖

サンテニャン=グランリューは歴史的なブルターニュの一部であり、伝統的な地域区分ではペイ・ド・レ、歴史的な地方区分ではペイ・ナンテに属している。グラン・リュー湖の北端にあり、ナントの南およそ10kmに位置する。

隣接するコミューンは、ブエ、サン=フィルベール=ド=グラン=リュー、ラ・シュヴロリエール、ポン=サン=マルタンである。

2010年にINSEEがまとめた順位表によると、サンテニャン=グランリューは都市圏に含まれる都市型コミューンである。24のコミューンで構成される、ナントのバンリューからなる都市的地域の1つである。

由来[編集]

コミューンの公式名称はSaint-Aignan-Grandlieuであるが、多くの場合、地元でも全国的にもサンテニャン=ド=グラン=リュー(Saint-Aignan-de-Grand-Lieu)という名称が用いられる。

サンテニャンとは、オルレアン司教であった聖エニャン(fr)のことである。グランリューとはグラン・リュー湖を指す。ガロ語ではSaent-Aenyan-Graund-Loe、ブルトン語ではSant-Enion-al-Lenn-Veurである。

歴史[編集]

936年、サンテニャンは、ブルターニュ公アラン2世とノルマン人との戦いの舞台となった。

中世、サンテニャンにはトロワ・マリーのシャプレニー(教会や教区に属さず、キリスト教のシャプレンが管轄する区)があった。トロワ・マリーとは、黄金伝説をきっかけに一般に崇敬がなされるようになった3人のマリア崇敬(マグダラのマリアマリア・サロメ、マリア・ヤコベアの3人)に由来する。

普仏戦争さなかの1870年12月5日、郵便輸送を行う気球フランクラン号が、プロイセン軍に包囲されているパリのオルレアン駅(現在のオステルリッツ駅)から飛び立った。フランクラン号は403km飛行して、サンテニャンに到着した[1]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
1372 1357 1717 2489 3033 3478 3481 3590

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

経済[編集]

コミューンはD2A空港工業地帯を抱えている。そこには食品製造のティピアク社が本部をおき、日用食料品やパンの製造工場がある。

コミューンの北側をナント・アトランティック空港が占めており、滑走路、貨物エリア、管制塔、フランス気象局が含まれる。

伝承[編集]

グラン・リュー湖周囲の地域では、エルボージュの町の伝説がある。クリスマス・イヴになると、失われた村の教会の鐘が聞こえるという。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]