サム・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サー・サミュエル・ジェームズ・ブラウン
Sir Samuel James Browne
SamBrowneLarge.jpeg
左腕を失ったブラウン将軍(1897年)
生誕 1824年10月3日
英国植民地インド バラックポール
死没 1901年3月14日(満76歳没)
ワイト島 Ryde
所属組織 英印軍
ベンガル軍
最終階級 大将
テンプレートを表示

サー・サミュエル・ジェームズ・ブラウンVCGCBKCSI英語版(Sir Samuel James Browne, 1824年10月3日 - 1901年3月14日)は、イギリス軍人英印軍騎兵将校としてインド[1]及びアフガニスタンで戦った。今日ではサム・ブラウン・ベルトに名を残す。

彼は英国及び英連邦が前線で戦闘に参加した軍人に授与する勲章の内、最高級かつ最も権威あるヴィクトリア十字章を授与されている。

若年期[編集]

彼はベンガル医療サービス外科医ジョン・ブラウン博士とその妻シャルロット(旧姓スウィントン)の息子としてインドバラックポールに生を受けた。ブラウンは第46ベンガル現地歩兵連隊准大尉として入隊し、RamnuggarSadoolaporeChillianwallaGujaratなどでの任務に参加した。1849年、彼は中尉となり騎兵戦力の向上を任務として、後に正規軍に編入される第2パンジャブ不正規騎兵隊に配属された。彼はこの後5年間に渡り第2パンジャブ不正規騎兵隊を指揮していく。彼の名誉を讃え、同部隊は1904年第22サム・ブラウン騎兵隊と改名された。

1851年、第2パンジャブ不正規騎兵隊はパンジャブ正規軍に組み込まれ、第2パンジャブ連隊となる。1857年Bozdar探検における活動を評価され、ブラウンは大尉に昇進した。

インド大反乱[編集]

1857年5月10日スィパーヒーの蜂起に端を発するインド大反乱が発生。ブラウンも英印軍の一員として反乱の鎮圧に従事した。

1858年8月31日、インドのSeerporahにおける戦いに参加する。この戦いでブラウンは左腕を失ってしまうが、戦功を讃えられヴィクトリア十字章が授与された。1861年3月1日付の英国政府官報ロンドン・ガゼット紙は英国戦争省英国国防省の前身)が発表したインド大反乱におけるヴィクトリア十字章受賞者一覧の中で、ブラウンについて次のように報じている。

1858年8月31日、Seerporahにてカーン・アリー・カーン指揮下の反乱軍と戦闘があった。

昼頃、英国陸軍は敵陣を突破。整然たるインド騎兵と協同し9ポンド砲を備えた敵砲兵陣地に攻勢、砲手を攻撃。これにより再装填を妨害し、攻勢中の友軍歩兵に対する砲撃を阻止した。

この最中、第2パンジャブ騎兵隊を率いたサミュエル・ジェームズ・ブラウン大尉(現在は中佐)は左膝に深刻な刀傷を受けた上、さらに肩から左腕を切り落とされた。だがしかし、同時にブラウン中佐は襲撃してきた敵兵を斬り捨てたのである。彼の働きにより9ポンド砲陣地は我が方歩兵が占領し、砲手は処刑された。

ロンドン・ガゼッタ[2]

サム・ブラウン・ベルト[編集]

左腕を失い軍刀サーベル)の抜刀が難しくなった為、ブラウンはこれを補助するベルトを開発し、身につけるようになった。後にブラウンの名を取ってサム・ブラウン・ベルトと呼ばれたこのベルトは、ブラウンを知る英印軍将校たちに愛用されたが、本国の陸軍に採用されるのは彼の死後である。サム・ブラウン・ベルトは第二次世界大戦頃まで世界各国の軍隊警察で広く使用され、現在でも儀礼用装飾品の一つとして根強く使用されている。

ブラウンの使用していたベルトは、サンドハースト王立陸軍士官学校の英印軍記念室に展示されている。

第二次アフガン戦争[編集]

第二次アフガン戦争最中の1878年ペシャワール野戦軍司令官を拝命したブラウンは、16,000人の歩兵と48門の砲を率いてカイバル峠へ向かい、アリマスジッドの主要な要塞を占領するように命じた。これにより峠を抜けてジャララバードを占領する事が可能になった。この戦功を讃えられ、ブラウンはバス勲章ナイト・コマンダー(KC)を受けた。

1878年大将に昇進。1891年にバス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB)が授与された。

晩年[編集]

1898年に陸軍を退役するとワイト島Rydeに移り住み、1901年3月14日に76歳で死去した。彼の遺骨は火葬により失われたが、ライドタウンセメタリーに彼の記念碑が残されている。またセント・ポール大聖堂及びラホール大聖堂にも銘板が残されている。

彼が受けたヴィクトリア十字章国立陸軍博物館に展示されている。

脚注[編集]

  1. ^ Sam Browne Belt
  2. ^ London Gazette: no. 22485, p. 1007, 1861年3月1日. 2009年9月26日閲覧。

外部リンク[編集]