サムシン・エルス (ジャック・ブルースのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サムシン・エルス
ジャック・ブルーススタジオ・アルバム
リリース
録音 1986年 - 1992年[1]
ジャンル ロックジャズ・ロックブルースロック
時間
レーベル CMPレコード
プロデュース ジャック・ブルース、カート・レンカー、ウォルター・クィントゥス
専門評論家によるレビュー
ジャック・ブルース アルバム 年表
クエスチョン・オブ・タイム
(1989年)
サムシン・エルス
(1993年)
シティズ・オブ・ザ・ハート
(1993年)
テンプレートを表示

サムシン・エルス』(原題:Somethin Els)は、イギリスのミュージシャン、ジャック・ブルース1993年に発表した、ソロ名義では10作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

「ウィルパワー」と「シップス・イン・ザ・ナイト」は、元々は1989年発売のベスト・アルバム『Willpower』に新曲として収録された曲で、いずれもエリック・クラプトンがゲスト参加している[2]。また、クラプトンは「ウェイティング・オン・ア・ワード」でもギターを弾いた[3]。「FM」はブルースのソロ・ピアノ演奏である[3]

Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「ソロ・キャリアにおける最良のアルバムの一つに仕上がった」と評している[4]。2014年にイギリスのEsoteric Recordingsから発売された再発CDには、マーク・ナウシーフやミロスラフ・タディックと共に録音したアルバム『The Snake Music』からの3曲がボーナス・トラックとして収録されている[1]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はジャック・ブルースとピート・ブラウンの共作。9.はインストゥルメンタル

  1. ウェイティング・オン・ア・ワード "Waiting on a Word" – 3:54
  2. ウィルパワー "Willpower" – 4:27
  3. シップス・イン・ザ・ナイト "Ships in the Night" – 5:22
  4. ピーシズ・オブ・ジ・イースト "Peaces of the East" – 4:57
  5. クローズ・イナフ・フォー・ラヴ "Close Enough for Love" (Jack Bruce) – 5:53
  6. G.B.ドーン・ブルース "G.B. Dawn Blues" – 2:41
  7. クリミナリティ "Criminality" – 5:07
  8. チャイルドソング "Childsong" (J. Bruce, Pete Brown, Hymas) – 5:09
  9. FM "FM" (J. Bruce) – 3:33

2014年再発CDボーナス・トラック[編集]

  1. "The Wind Cries Mary" (Jimi Hendrix)
  2. "Lizard on a Hot Rock" (J. Bruce, Mark Nauseef, Miroslav Tadić)
  3. "Rope Ladder to the Moon"

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Jack Bruce - Somethin Els (CD, Album) at Discogs - 2014年再発CDの情報。
  2. ^ Jack Bruce - Willpower”. The Official Jack Bruce Website. 2017年2月1日閲覧。
  3. ^ a b CD英文ブックレット内クレジット
  4. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “Somethin Els - Jack Bruce”. AllMusic. 2017年2月1日閲覧。