サフィニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガーデニングに用いられる

ペチュニア・サフィニア・シリーズ ‘サフィニア’ (‘Surfinia’Petunia Surfinia Series Hybrid Caltivar. ‘Surfinia’ ) は、ナス科ツクバネアサガオ属の植物。サントリー京成バラ園芸が共同で1989年に開発したペチュニアの園藝品種。なお、「サフィニア」はサントリーフラワーズ(株)の登録商標(日本第2395224号)である。不稔性が高く、草姿が乱れず花期が長いのが特徴で、近年[いつ?]急速に普及している。欧州などの諸外国でも評価が高い。ペチュニアでは初めての本格的な栄養繁殖系。ペチュニアの原種が持つ長日植物である弱点を完全に払拭した園藝品種。開花時期は4月から10月、ペチュニア・サフィニア・シリーズ ‘サフィニア’が成功した後に、品種のバリエーションも増え、現在[いつ?]では、大きいものは10cm程度、小さいものは3cm程度と大小さまざまな花を咲かせる物が現れてきた。花の色は赤、赤紫、紫、青紫、白、白黄、白青、桃など多彩である。10月~11月に株は寒さで枯れるが、基本的には耐寒性の低い常緑多年草である。

概要[編集]

原産地はブラジルパンパ。サントリーの駐在員がペチュニアの原種を数系統持ち帰ったのが品種改良のはじめである。従来のペチュニアは原種の伸びやかさを捨て去り、花壇栽培のみに特化した物だけが流通していた。これは商品の流通にもコンパクトさが要求されていたためである。その固定観念から離れた今までには無いクリーピングタイプである。これは流通業界の流れすら変えざるを得なくなった火付け役でもあり、日本の園藝業界の寵児であった。またこのペチュニア‘サフィニア’は栄養繁殖系ペチュニアの実質的な第一号成功例であるとともに栄養系品種が商業的に成り立つ事を証明した記念碑的園藝品種である。今日の栄養繁殖系園藝品種の隆盛はこの園藝品種の成功に負うところが大きい。栄養系繁殖であるため、種子が少ない事もあって花数が多くなる特徴があり、かつ、亜流の植物が出来にくい為、商業的に独占でき、企業にとって非常に優れている特徴がある。この植物は、生育しても草姿が乱れない重要な特徴があり、ヨーロッパなどでも人気が高い。ペチュニア‘サフィニア’が成功すると、同業他社もペチュニア市場に類似の商品を投入し、「ペチュニア戦争」と呼ばれる状況となった。 1990年代から始まる、日本におけるいわゆるガーデニングブームの火付け役でもある。特に保守的で頑なな流通業界の流れすら変えたのは、このペチュニア‘サフィニア’と洋蘭のシンビジウム サラジーン ‘アイス・キャスケード’の2つに依る功績である。これらの2つの植物が大ヒットをしたことから、しなだれるタイプの鉢植えは今までは流通業界から拒まれていたが、これらの大ヒットに伴い、保守的で流通業界主導型であった荷姿すらバリエーションが豊になり、消費者には植物の仕立て方に対する選択肢が広がりいろいろなタイプの植物を得られるようになった。

特徴[編集]

従来の一般的なペチュニアと同様、雨に弱く花壇にはあまり向かない。匍匐性(ほふくせい = 地面にはうように成長する性質、クリーピングとも言う)が強いため、プランターや特にハンギングに向く。数あるペチュニアの中でも豪華な品種群である。枝がしなやかで伸びやすいため容易に樹勢の調整が可能で、摘心や切戻しを行うことにより枝数を増やしていき、蕾を増加させてゆく、というのが育成の基本体系である。大輪、中輪、小輪、花色、使用用途に合わせた性質に改良された品種もあるなど、種類も富んでいる。また、名前の「サフィニア」は、匍匐性が強い事から英語のSurfing(サーフィン)と、Petunia(ペチュニア)から得られた造語に由来している。

出典[編集]

この分野の項目は殆どが企業秘密に当たることが多く、純粋な「サフィニア」としての資料は極めて少なく、カタログで品種名を知る事が出来るていどしか資料が存在しない。依って、この項目自体がウィキペディアに存在できない可能性が高い。

関連項目[編集]