サザンカンフォート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サザンカンフォートの1リットル瓶

サザンカンフォート(Southern Comfort、SoCo)は、リキュールの一種。 1874年、アメリカ合衆国ニューオーリンズバーテンダーを勤めていたMartin Wilkes Heronにより、中性スピリッツオレンジピーチレモンなど幾種ものフルーツとハーブを組み合わせたレシピを起源とする。

1889年に、メンフィスで製品販売が開始され、現在のブランドは、アメリカ最大手酒類ブランド保有会社のBrown-Formanが所有している。

Southern Comfort とは、直訳すると「南部の安らぎ」や「南部の歓び」といった意味となる。割り方によって大きく変化するフレーバーを魅力として、若者に人気があり、たとえばニューヨークバーテンダーが考案したとされるSoCo Lime Shot(ソコライムショット)は、イギリスやアメリカでは、非常に人気のあるショットである。

歴史[編集]

船大工の息子として生まれたMartinが、勤め先の店(ニューオーリンズフレンチ・クオーターバーボン・ストリートそばの McCauley's Tavern)で考案したとされる

その後Martinは特許を取得し、1889年、移り住んだメンフィスで瓶詰による製造販売を開始した。1904年にセントルイスで開催された国際博覧会では、金メダルを獲得している。

初期のアルコール度数は50度と比較的高かったが、その後徐々に下げられ、2004年のリニューアル以降は日本国内においては21度のものが販売されている。また、ベースとする蒸留酒も、バーボンウイスキーベース(サザンカンフォート・リザーブ)から、中性スピリッツ(ホワイトリカーの原料)に移行している。

歌手のジャニス・ジョプリンがこのリキュールを愛飲しており、しばしばステージの上にボトルが置いてあったことでも知られている。

サザンカンフォートを使ったカクテル[編集]

ご当地カクテル[編集]

神奈川県茅ヶ崎市ではサザンカンフォートを使ったご当地カクテル「茅ヶ崎サザン」のコンテストが2014年11月23日に10店舗が参加して行われた。

外部リンク[編集]