ジャック・ター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャック・ター
Gthumb.svg
画像募集中
基本情報
作成技法 シェーク
琥珀色
グラス オールドファッションドグラス[1]
アルコール度数
度数 35度[1]
レシピの一例
ベース ラム
テンプレートを表示

ジャック・ター (Jack Tar)とは、ラムをベースとするカクテルである。横浜中華街のバー「ウィンドジャマー(Windjammer)」が発祥と言われる[1][2]

概要[編集]

Jack Tarは「水夫」の意[2]en:Jack Tar参照。

フルーティーでなめらかな口当たりとライムの香りのため飲みやすい[2]。使用されるサザンカンフォートのアルコール度数に依るが、カクテルとしては30度から40度を超すアルコール度数となる。

レシピ[編集]

代表的なレシピは以下の通り[1]

  • ダーク・ラム (ウィンドジャマーではロンリコ151pを指定) - 30ml
  • サザンカンフォート (アルコール度数40度のもの) - 25ml
  • コーディアル・ライム・ジュース - 25ml
作り方
  1. 上記材料を氷といっしょにシェークする。
  2. クラッシュドアイスを入れたオールドファッションドグラスに注ぐ。
  3. 好みでグラスにライムを飾り、マドラーを添える。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Cocktail15番地、斎藤都斗武,佐藤淳 『カクテルの図鑑』 マイナビ2013年、75頁。ISBN 978-4839946234
  2. ^ a b c らんどま~子 (2009年1月22日). “横浜中華街 バー Wind Jammer(ウィンド ジャマー)”. サントリー. 2016年7月20日閲覧。