コルベット・デイトナ・プロトタイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Corvette Daytona Prototype
DP 9 Action Express Racing Joao Barbosa JC France Darren Law Road America 2012.jpg
カテゴリー デイトナ・プロトタイプ(DP)
コンストラクター シボレー
主要諸元
シャシー 鋼管フレーム(ダラーラコヨーテライリーの3社によって製作)
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン コイルスプリング・ダンパー作動式プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン コイルスプリング・ダンパー作動式プッシュロッド
トレッド (前) 1,657.3 mm (65.25インチ)
(後) 1,644.6 mm (64.75インチ)
エンジン シボレー 5.5L V8 自然吸気 ミッドシップ
トランスミッション 5速[1] シーケンシャル方式マニュアル
主要成績
チーム スピリット・オブ・デイトナ・レーシング
サントラスト・レーシング
ゲインスコ/ボブ・スターリングス・レーシング
アクション・エクスプレス・レーシング
ウェイン・テイラー・レーシング
初戦 2012年のデイトナ24時間レース
テンプレートを表示

コルベット・デイトナ・プロトタイプ (Corvette Daytona Prototype) は、北米のロレックス・スポーツカー・シリーズユナイテッド・スポーツカー選手権の前身)に参戦する為に製作されたプロトタイプレーシングカー。このレースカーは、2012年シーズンにシボレーがこれまでの単なるエンジン・サプライヤーとしての関わり方ではなく、コンストラクターとしてデイトナ・プロトタイプのレースに復帰することを意味している。GMは、それまでポンティアックのブランド名でロレックス・スポーツカー・シリーズに関わってきたが、2010年にポンティアックのブランドが廃止されたのを機にこれまでの方針を転換した。

概要[編集]

2011年11月15日、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイにおいて、プレス向けに公開された[2][3]。市販車のシボレー・コルベットのイメージを強く反映したデザインを基に、ダラーラコヨーテライリーといったコンストラクターがシャシーを開発し、コルベットのデザイナーであるプラット・アンド・ミラー、シボレー、グランダムが製造した。

2012年シーズンのロレックス・スポーツカー・シリーズで、スピリット・オブ・デイトナ・レーシング、サントラスト・レーシング、ゲインスコ/ボブ・スターリングス・レーシング、アクション・エクスプレス・レーシングの4チームに供給されてレースに参戦した。

脚注[編集]

[ヘルプ]