コヤマドライビングスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社コヤマドライビングスクール
Koyama Driving School, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 150-0045
東京都渋谷区神泉町11-1
設立 1957年7月
業種 サービス業
法人番号 6011001043618
事業内容 自動車教習所
代表者 代表取締役社長 福島 清次
資本金 5000万円
売上高 65億4,200万円(2017年6月期)
従業員数 567人
主要子会社 株式会社コヤマ交通教育サービス
外部リンク http://www.koyama.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社コヤマドライビングスクールは、東京都および神奈川県自動車教習所を運営する企業。

沿革[編集]

  • 1930年 - 創設者 早川甚太郎が現在の品川警察署近くに品川自動車練習所を開設。
  • 1957年 - 中央区晴海に晴海自動車練習所(後のコヤマドライビングスクール晴海)設立
  • 1961年 - 二子玉川自動車教習所(現コヤマドライビングスクール二子玉川)設立。
  • 1964年 - 綱島自動車教習所(現コヤマドライビングスクール横浜)。
  • 1975年 - 二子玉川自動車教習所で日本初の模擬運転教習(カートレーチャー)を開始。日立製作所とコヤマグループが無線車を共同開発し、日本初の無線教習を開始。
  • 1977年 - 業界初のCIを導入、新社名をコヤマドライビングスクールとして統一。ロゴ・マーク・シンボルカラー・スローガンなどを制定。
  • 1985年 - 古い教習所のイメージを一掃し、「明るく・楽しく・お洒落な」新しい教習所のイ メージ展開を開始。キャラクター「パパル」誕生。
  • 1986年 - レディースインストラクター第1号誕生。
  • 1988年 - 二子玉川校で入校生数1万人突破。年間入校生数の日本記録を樹立。
  • 1994年 - コヤマドライビングスクール石神井を設立。
  • 1996年 - 晴海校が東村山市に移転オープン(現コヤマドライビングスクール秋津)。
  • 1999年 - 日本初、英語による外国人教習の教習計画が東京都公安委員会で承認され、二子玉川校で教習スタート。日本初、教習所専用マナーマニュアルを制作。
  • 2001年 - 「男女労働者に優しい職場推進企業」として「東京都産業労働局長賞」「働きやすい職場特別賞」を受賞。
  • 2002年 - 社内初の女性検定員誕生。障がい者教習スタート。手話教習(学科・技能)開始。障がい者用ジョイスティック車による教習開始。
  • 2003年 - 全校で施設をバリアフリー化。
  • 2004年 - 日本で最大級の手話ライブ「D'LIVE」を開催(以後、現在まで)。
  • 2005年 - 二子玉川校新校舎オープン。
  • 2006年 - 二子玉川校に併設された東京都認証保育所「パパルキッズルーム」オープン。
  • 2007年 - 日本初、「教習所マナー検定」を実施。
  • 2008年 - 全校で英語による外国人教習を実施。
  • 2009年 - 日本初、ハーレーダビッドソンの大型二輪教習をスタート。翌年、全校で実施。二子玉川校が普通車の年間入校生数日本一 (4,743 名)を達成。
  • 2010年 - NPO法人自動車学校マナー推進協議会による「マナー検定4級」に全社員合格。
  • 2011年 - 手話ライブ「D'LIVE」が日本イベント大賞に入選。東京日産ドライビングカレッジをM&A。コヤマドライビングスクール成城に変更。   東日本大震災の被災地で、ボランティア活動に参加。
  • 2012年 - 東京商工会議所「勇気ある経営大賞」優秀賞受賞。
  • 2013年 - 記念すべき10回目の手話ライブ「D'LIVE」を開催。
  • 2015年 - 厚生労働省「均等・両立推進企業表彰」で東京労働局長奨励賞を受賞。
  • 2016年 - 「子育てサポート企業」として厚生労働大臣より『くるみん』認定。日本初、Audi A3を教習車として導入。
  • 2018年 - 綱島校の名称を「コヤマドライビングスクール横浜」に変更。

事業所一覧[編集]

コヤマドライビングスクール二子玉川
コヤマドライビングスクール石神井
  • 東京都練馬区谷原1丁目4番4号
  • 取扱車種:普通・普通二種・普通二輪・大型二輪・準中型・中型・けん引・大型特殊
  • 使用車種:Audi A3/マツダ・アクセラ
コヤマドライビングスクール秋津
  • 東京都東村山市秋津町3丁目15番18号
  • 取扱車種:普通・普通二輪・大型二輪・準中型・中型・大型・大型二種・けん引・大型特殊
  • 使用車種:Audi A3/BMW320i/BMW X1/マツダ・アクセラ
コヤマドライビングスクール横浜
コヤマドライビングスクール成城

この他、かつては東京都中央区晴海(現在のトリトンスクエア))に「晴海校」が存在した。

特徴[編集]

  • 在校生と卒業生のための会員制クラブ「パパルクラブ」が存在する。パパルクラブは会員カードを提示すると提携している店舗(レストランやバイクショプなど)でサービスを受けられるメリットがある。
  • 在校生用に託児室を設けている。
  • 英語での学科、技能教習を行っている。英語教習では全て英語の教材を使用し、学科、技能の試験等も英語で実施している。
  • 聴覚障がい者のための手話での教習を行っている。
  • 車いすで施設を利用できるようにバリアフリーの校舎にしている。
  • インストラクターのうち約3割が女性である。
  • 高速教習では、外国車Audi A3やBMWを使用している。
  • 1989年、全国の自動車教習所としてはいち早く、インストラクターを生徒が選べるシステムを導入した。

コヤマ交通教育サービス[編集]

株式会社コヤマ交通教育サービス
種類 株式会社
本社所在地 150-0045
東京都渋谷区神泉町11-1
設立 1989年12月1日
業種 情報・通信業
法人番号 1011001043837
事業内容 自動車教育用教材の作成ほか
代表者 代表取締役社長 長井和子
資本金 9,250万円
従業員数 30名
決算期 6月30日
主要株主 (株)コヤマドライビングスクール(100%)
外部リンク http://www.koyama-ks.jp/
テンプレートを表示

コヤマドライビングスクールの完全子会社として、株式会社コヤマ交通教育サービスがあり、教本などの教材作成や、eラーニングシステムの開発などを行なっている[1]


教本[編集]

  • 運転教本 AT/MT合本
  • 学科教本
  • 指導員用学科教本
  • 二輪運転教本
  • 二種学科教本
  • 二種運転教本

外国人用教材[編集]

  • 英語版運転教本AT/MT合本
  • 英語版学科教本
  • 英語版問題集
  • 中国語版学科教本
  • 用語解説集

問題集[編集]

  • 項目別ポイント1000
  • 仮免・本免問題集
  • 二種専門問題集

マナーマニュアル[編集]

  • 教習所マナーマニュアル
  • マナー問題集 実例200

聴覚障害者向け教材[編集]

  • 用語解説集
  • ワイドミラー条件対応 運転教本

関連会社[編集]

  • 株式会社コヤマ交通教育サービス
  • 株式会社プロスタッフ

脚注[編集]

  1. ^ 会社案内”. コヤマ交通教育サービス. 2012年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]