コモド島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コモド島
ID - Komodo.PNG
座標 座標: 南緯8度36分 東経119度30分 / 南緯8.600度 東経119.500度 / -8.600; 119.500
面積 390 km²
海岸線長 - km
最高標高 3,676 m
所在海域 フローレス海
所属国・地域 インドネシア
テンプレートを表示
コモドオオトカゲ

コモド島 (Pulau Komodo) は、インドネシア小スンダ列島にあるである。近隣の大きな島は西のスンバワ島と東のフローレス島で、行政的には東ヌサ・トゥンガラ州に属する。

面積は 390 平方キロメートル、人口は約 2000 人。島の住民は、島に追放された元囚人の子孫や、スラウェシ島から来たブギス族との混血で構成されている。住民の多くはイスラム教徒で、キリスト教徒ヒンズー教徒は少数である。 コモド島はコモド国立公園の一部となっている。野生のコモドオオトカゲが生息することで特に知られており、ダイビングでも人気がある。また島には古い囚人の施設があり、数多くの観光客が訪れる。