コミズナギドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コミズナギドリ
Puffinus nat.JPG
コミズナギドリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ミズナギドリ目 Procellariiformes
: ミズナギドリ科 Procellariidae
: ミズナギドリ属 Puffinus
: コミズナギドリ P. nativitatis
学名
Puffinus nativitatis
Streets, 1877
英名
Christmas Shearwater

コミズナギドリ(小水薙鳥、学名:Puffinus nativitatis)は、ミズナギドリ目ミズナギドリ科に分類される鳥類の一種である。

分布[ソースを編集]

ハワイ諸島ウェーク島を北限として、太平洋熱帯海域、東はイースター島までの島嶼で繁殖する。非繁殖期は太平洋の熱帯、亜熱帯海域に広く分布するが、あまり繁殖地を離れない。

日本においては迷鳥として、2回の古い迷行例(1936年千葉県1947年宮城県)があるほか、小笠原諸島近海や北日本の太平洋沖で7-9月に観察例がある。

特徴[ソースを編集]

全長約36cm、翼開長71-81cmと、ミズナギドリの中では小型である。全身暗褐色。留鳥性を反映し、体は細く、翼は比較的短くとがらない。

生態[ソースを編集]

渡りをしないので、繁殖期は4月から10月と長い。


Sibley分類体系上の位置[ソースを編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

Status[ソースを編集]

LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))

Status iucn3.1 LC.svg

[1]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ BirdLife International (2004). Puffinus nativitatis. 2006. IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2006. www.iucnredlist.org. Retrieved on 10 May 2006. Database entry includes justification for why this species is of least concern

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]