ゲーミングチェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲーミングチェアは、ゲームプレイに特化したイスの総称。背中と肩を支えるハイバック仕様であり、レーシングカーのバケットシートを原型としたデザインが特徴である[1]

歴史[編集]

2000年代の自動車市場の停滞を背景として、当時レーシングシートを生産していた米国のDXRACERが人間工学に基づいたデザインを活用して2006年に世界初のゲーミングチェアを発売した[2]

以降、eSportsの人気上昇とともに世界のゲーミングチェア市場は拡大しており[3]、日本では2020年に新型コロナウイルス緊急事態宣言に伴う在宅勤務・テレワークの推奨に伴ってゲーミングチェアの人気も高まった[4]

概要[編集]

ゲーミングチェアは、長時間のゲームプレイでも疲れにくく、集中しやすい姿勢を維持できるように人間工学に基づいた機能が備わっている。

特徴的な機能としてはヘッドレスト、ランバーサポート、オットマン(足乗せ)があり、リクライニングにより寝ることもできる。表面素材はポリウレタンレザー製とファブリック製の2つがある。

その特徴的な機能からゲーミングチェアは長時間のパソコン作業に向いており、ゲーミングチェアを扱うメーカーではオフィス向けモデルも登場している[5]

一方で、オフィスチェアを扱うHerman Millerからもゲーミングチェア(アーロンチェアのゲーミングエディション)が登場しており[6]、ゲーミングチェアとオフィスチェアの明確な違いがなくなりつつある。

それぞれに明確な定義はないが、ゲーミングチェアはレーシングシートが由来であることからF1を彷彿させるデザインとリクライニング機能を有する製品が多く、オフィスチェアとの違いでもある(オフィスチェアは背面を倒しても力を抜くと元に戻るロッキング機能が多い)[4]

ゲーミングチェアはオフィスチェアなどに比べて低価格な製品が多く、手頃な値段が幅広いユーザーに人気を得た要因でもある。耐久性は3年〜5年程度とされており、製品、使用頻度、環境などにより異なる[7]

主な製品[編集]

日本では、海外ブランドのAKRacingとDXRACERがeSportsの高まりで人気があるが、近年はネット通販を中心に格安の中国製品も増えている。

国内メーカーとしては、福岡の株式会社関家具のContieaks-コンティークス-、大阪のビーズ株式会社のBauhutte-バウヒュッテ-などがある。

海外では独自性の高いデザインのゲーミングチェアも人気であり、ゲーミングチェアブランドは年々増えている。

出典[編集]

  1. ^ The complete history of gaming chairs: 2006-2020”. CHAIRSFX. 2020年12月31日閲覧。
  2. ^ DXRACER brand introduction”. DXRACER. 2020年12月31日閲覧。
  3. ^ The Global Gaming Chair Market is expected to grow by USD 71.3 mn during 2020-2024, progressing at a CAGR of 6% during the forecast period”. Yahoo Finance. 2020年12月31日閲覧。
  4. ^ a b 在宅勤務で疲れない、上半身を支えるゲーミングチェア”. 日本経済新聞. 2020年12月31日閲覧。
  5. ^ AKRacing Premium オフィス向けハイエンドモデル”. 2020年12月31日閲覧。
  6. ^ ハーマンミラー ゲーム用製品”. HermanMiller. 2020年12月31日閲覧。
  7. ^ 寿命は?ゲーミングチェアの劣化を写真付で解説”. GAMINGCHAIR GEEK. 2020年12月31日閲覧。