ゲオルゲ・オガラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルゲ・オガラル Football pictogram.svg
George Ogararu.jpg
オガラル (2007)
名前
本名 ゲオルゲ・クリスティアン・オガラル
Gheorghe Cristian Ogăraru
カタカナ ゲオルゲ・オガラル
ラテン文字 Gheorghe OGĂRARU
基本情報
国籍 ルーマニアの旗 ルーマニア
生年月日 1980年2月3日(35歳)
出身地 ルーマニアの旗 ブカレスト
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
ポジション RSB
利き足 右足
ユース
1991-1998 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2006 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト 107 (3)
2000-2001 ルーマニアの旗 レシツァ英語版 (loan) 25 (1)
2001-2002 ルーマニアの旗 オツェルル・ガラツィ (loan) 20 (1)
2006-2010 オランダの旗 アヤックス 44 (0)
2008-2009 ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト (loan) 20 (0)
2010-2012 スイスの旗 シオン 31 (2)
1998-2012 合計 247 (7)
代表歴2
1998-1999 ルーマニアの旗 ルーマニア U-18 2 (0)
1999-2000 ルーマニアの旗 ルーマニア U-19 5 (0)
2005-2009 ルーマニアの旗 ルーマニア 11 (0)
監督歴
2013-2014 オランダの旗 アヤックス・アカデミー (アシスタント)
2014-2015 ルーマニアの旗 ウニヴェルシタテア・クルジュ
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月14日現在。
2. 2011年3月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゲオルゲ・クリスティアン・オガラルGheorghe Cristian Ogăraru, 1980年2月3日 - )は、ルーマニアブカレスト出身の元サッカー選手、元ルーマニア代表。現サッカー指導者。現役時代のポジションは右サイドバック

経歴[編集]

クラブ[編集]

ステアウア・ブカレスト[編集]

FCステアウア・ブカレストの下部組織を経て、18歳の時に同クラブのトップチームからプロデビューを果たしており、1999年11月28日のFCオリンピア・サトゥ・マーレ英語版戦 (3-0)がディヴィジアAでの初出場だった。

ステアウアでの1、2シーズンは主に控えで7試合の出場にとどまっていた。その為、2000-01シーズンにディヴィジアBFCMレシツァ英語版、2001-02シーズンにディヴィジアAのFCオツェルル・ガラツィへそれぞれ期限付き移籍に出され、25試合1得点、20試合1得点と経験を積む。2002年にオルェルルのミハイ・ストイカ会長がステアウアのゼネラルマネージャーに就任したのを機にステアウアでの先発を掴み、以後、シーズンが経つに連れて評価を高めると、リーグ最終節の2006年6月7日にFCヴァスルイ戦 (4-0)に先発出場してリーグ優勝に貢献[1]。これがステアウアでの最後の試合となった[2]UEFAカップの方では、2004-05シーズン英語版に前年度王者のバレンシアCFを破り[3]2005-06シーズン英語版に準決勝のミドルズブラFC戦まで到達する等の躍進を支えた。

FCステアウア・ブカレストで練習をするオガラル

アヤックス[編集]

2006年5月23日に移籍金330万ユーロ[4]で同郷のニコラエ・ミテアが在籍するエールディヴィジ (オランダ1部)のアヤックス・アムステルダムハーテム・トラベルスィーの後釜として、7月1日からの4年契約を締結する[5]。8月20日のRKCヴァールヴァイク戦 (5-0)でリーグ戦初出場した。加入1季目は、公式戦初出場となったPSVアイントホーフェンとのヨハン・クライフ・シャール (3-1)、AZアルクマールとのKNVBカップ (1-1, PK戦8-7)のタイトルを獲得しており、前者ではアルナ・コネへの対応がヘンク・テン・カテ監督を納得させることが出来ず、前半終了後に交代を告げられている[6]が、後者では延長戦含む120分フル出場してPK戦も成功させた[7]。翌年もヨハン・クライフ・シャールのタイトルを獲得したが、試合中のハムストリングの負傷によって25分に交代し、4週間の離脱となった[8]

その後、グレゴリー・ファン・デル・ヴィールの台頭とブルーノ・シルバの加入から余剰戦力と見なされており[9]、2008年9月1日に古巣のステアウア・ブカレストへ1シーズンの期限付き移籍に出された[10]が、アヤックスに復帰後も状況は変化しなかったことで、2010年7月17日にスイス・スーパーリーグ (スイス1部)のFCシオンへ完全移籍をした[11]

2011-12シーズン終了に伴いシオンを退団した後は、2012年9月にメジャーリーグサッカー (アメリカ1部)のシアトル・サウンダーズFCのトライアウトに参加し、クラブ・デポルティボ・チーヴァス・USAとのリザーブ試合に出場した[12]。しかし、サラリーキャップの問題から契約を結ぶことが出来ず[13]、同年12月下旬には古巣アヤックスの練習に参加した[14]。2013年7月22日に33歳で現役引退を表明した[15]

代表[編集]

2005年3月26日の2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選オランダ戦 (0-2)でルーマニア代表として初出場を飾る[16]。以後、ヴィクトル・ピツルカ監督は右サイドバックにコスミン・コントラを始め、ペトレ・マリンヴァレンティン・バドイ英語版を選択した[17]為に出場することはなかったが、コントラの負傷により、2007年10月にUEFA EURO 2008予選のオランダ戦とルクセンブルク戦に向け、約2年ぶりに招集され[18]、10月13日のオランダ戦 (1-0)で2試合目に出場した[16]。同予選では4試合に出場し、出場に貢献したが、数ヶ月所属クラブでレギュラーを外れていたことで、UEFA EURO 2008に向けた26人の代表候補に入れなかった[19]

指導者[編集]

現役引退後はアヤックス・アムステルダムでコーチ業の研修に参加し、その一環として2013年にアヤックス・アカデミーを指導する[20]。2014年にも参加していた[21]が、同年9月にリーガ1FCウニヴェルシタテア・クルジュの監督に就任し[22]、アヤックスのリザーブチームであるヨング・アヤックス英語版からダンゼル・グラーフェンバッハ英語版を引き連れていった[23]。しかし、初戦のFCラピド・ブカレスト戦から勝ち点を落とす[24]など成績は芳しくなく、2005年3月1日に解任された[25]

私生活[編集]

既婚者であり、3人の子供がいる[26]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

出典:[27][28]

クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ステアウア 1998-99 ディヴィジアA 5 0 5 0
1999-2000 7 0 1 0 8 0
2002-03 23 0 23 0
2003-04 16 0 3 0 19 0
2004-05 28 2 12 0 40 2
2005-06 28 1 18 0 46 1
合計 107 3 34 0 141 3
レシツァ (loan) 2000-01 ディヴィジアB 25 1 - 25 1
合計 25 1 - 25 1
オツェルル (loan) 2001-02 ディヴィジアA 20 1 - 20 1
合計 20 1 - 20 1
アヤックス 2006-07 エールディヴィジ 28 0 10 0 6 0 44 0
2007-08 16 0 4 0 2 0 22 0
2008-09 0 0 0 0 0 0 0 0
2009-10 0 0 0 0 0 0 0 0
合計 44 0 14 0 8 0 66 0
ステアウア (loan) 2008-09 リーガ1 20 0 0 0 4 0 24 0
合計 20 0 0 0 4 0 24 0
シオン 2010-11 スイス・スーパーリーグ 28 2 3 2 - 31 4
2011-12 3 0 0 0 0 0 3 0
合計 31 2 3 2 0 0 34 4
キャリア通算成績 247 7 17 2 46 0 310 9

代表での成績[編集]

出典:[29]

ルーマニア代表
出場 得点
2005 1 0
2007 4 0
2008 5 0
2009 1 0
Total 11 0

監督としての成績[編集]

出典:[30]

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
FCウニヴェルシタテア・クルジュ ルーマニアの旗 2014年9月5日 2015年3月1日 &000000000000001600000016 &00000000000000050000005 &00000000000000040000004 &00000000000000080000008 &000000000000003125000031.25

タイトル[編集]

クラブ

ルーマニアの旗 FCステアウア・ブカレスト

オランダの旗 アヤックス・アムステルダム

スイスの旗 FCシオン

脚注[編集]

  1. ^ "A trecut vremea prieteniei! Vaslui - Steaua 0-4: "jucătorii mei au stat pe burtă, simulacru jenant!""
  2. ^ "Mihai Stoica: A început hegemonia Stelei"
  3. ^ "Steaua savour spot-kick success"
  4. ^ "Ogararu, prezentat oficial la Ajax"
  5. ^ "Ogararu la Ajax, Niculae la Steaua"
  6. ^ "Ajax meer klaar voor competitie dan PSV"
  7. ^ "Ajax wint bekerfinale na penalty's"
  8. ^ "Ajax vier weken zonder Ogararu"
  9. ^ "AEK Athens Chase Ajax Defender George Ogararu – Report"
  10. ^ "Ogăraru and Semedo swell Steaua ranks"
  11. ^ "Dingsdag en Ogararu tekenen bij Sion"
  12. ^ "Romanian defender George Ogararu joins Sounders for tryout"
  13. ^ "Salary cap denied us Gudjohnsen, Ogararu signatures – Seattle Sounders’ Hanauer"
  14. ^ "Roemeense verdediger voor even terug bij Ajax"
  15. ^ "Ogararu (33) stopt met voetballen"
  16. ^ a b "Ogararu: Voi intra in vestiarul lui Ajax imbracat in tricoul nationalei"
  17. ^ "Piturca a anuntat 'stranierii' pentru meciul contra Italiei"
  18. ^ "Injuries concern Romania's Piturca"
  19. ^ "Two left out as Romania muster"
  20. ^ "Ogăraru organizează cursuri pentru antrenori la Ajax Academy"
  21. ^ "George Ogăraru deschide un nou drum » Avem secretele şcolii Ajax Amsterdam"
  22. ^ "Ajax bevestigt aftocht Gravenberch naar Roemenië"
  23. ^ "Ogararu haalt Gravenberch naar Cluj"
  24. ^ "Giuleştiul, coşmar pentru Ogăraru la meciurile de debut. Rapid bate U Cluj, cu 2-1, la ultima fază a meciului | FOTO"
  25. ^ "Ontslagen Groenendijk had avontuur niet willen missen"
  26. ^ "Ogararu va fi tatic pentru a 3-a oara! Transmite-i un mesaj lui George:"
  27. ^ George Cristian OGĂRARU”. statisticsfootball. 2015年5月21日閲覧。
  28. ^ George Ogararu Goian”. footballdatabase. 2015年5月21日閲覧。
  29. ^ George Ogăraru”. eu-football. 2015年5月21日閲覧。
  30. ^ GEORGE OGARARU”. transfermarkt. 2015年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]