ゲオルク・エルザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨハン・ゲオルク・エルザー
生誕1903年1月4日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flagge Königreich Württemberg.svg ヴュルテンベルク王国 ヘルマリンゲン
死没 (1945-04-09) 1945年4月9日(42歳没)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州 ダッハウ
著名な実績ヒトラー暗殺未遂

ヨハン・ゲオルク・エルザー(Johann Georg Elser、1903年1月4日 - 1945年4月9日)は、ドイツの反ナチ運動家。アドルフ・ヒトラー暗殺未遂事件の実行者として知られる。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

ゲオルク・エルザー生誕100年記念に発行された特別発行切手

ヴュルテンベルク王国ヘルマリンゲン (Hermaringen出身。ケーニヒスブローン (Königsbronnの小学校を卒業した後、大工の職業訓練を受け、1922年からケーニヒスブローンやアーレンハイデンハイム (Heidenheim an der Brenzの建具屋で大工として働いた。さらに1925年から1929年にかけてコンスタンツの工場で働いた。ここで時限爆弾の知識を身につけた。1929年から1932年にかけてはスイスで再び大工として働いた。ドイツへ帰国したのち、ヴュルテンベルク州ハイデンハイム郡の工場で働いた。

エルザーは1928年に同僚に誘われてドイツ共産党の戦闘部隊「赤色戦線戦士同盟」に入隊している。そして1933年に共産党が解散させられるまで共産党に投票していた。ただしエルザーは信仰熱心なプロテスタントであり、決して共産主義者というわけではなかった。単に共産党が労働者の利益を最も重視している政党だと考えて投票していただけであった。対してアドルフ・ヒトラー国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)の政策には明確に反対していた。

ヒトラー暗殺未遂事件[編集]

ビュルガーブロイケラー跡地にある、ゲオルク・エルザーを記念する銘板

1933年のナチ党の権力掌握の後、エルザーは労働者の賃金が下落してゆくことに怒り、1938年頃から、ドイツがヨーロッパ諸国に対して戦争を仕掛ける恐れが増してきたことに危機感を覚え始めた。戦争による破滅を防ぐために、ヒトラー・ゲッベルスゲーリングの三名の指導者を排除せねばならないと考えたエルザーは、ヒトラーがミュンヘン一揆の舞台となったビアホールビュルガーブロイケラー」で、ミュンヘン一揆の起きた11月8日の夜に毎年必ず記念演説を行うことを知り、ヒトラーの居場所が確実に予想できるこの時間にヒトラーを殺すことを計画した。

1938年11月8日、エルザーは下見のためにミュンヘンに向かい、ミュンヘン一揆記念式典の参加者が退出した後の10時半過ぎにビアホール内に入り、深夜までとどまった。ハンデンハイムに戻ったエルザーは、ヒトラーの立つ演壇の背後にある柱に時限爆弾を埋めるという計画を練っていった。翌1939年春、エルザーは採石場で働き、そのかたわら時限爆弾に使う爆発物を少しずつ盗んでいき、時限発火装置の組み立てや実験を繰りかえした。

同年8月5日、爆弾の材料一式を引っ越し荷物の底に隠したエルザーはミュンヘンに転居し、地元の技師と仲良くなりその工房を貸してもらえるようになり、発火装置を作っていった。一方、毎晩のようにビュルガーブロイケラーに食事に行き、安いメニューを食べた後は館内に隠れ、10時半の閉店後に店内に出て演壇の後ろに向かい、柱の表面に張られていた板をはずしてその内側を掘って爆弾を収納する穴を広げ、早朝まで店内に隠れた後、朝6時半にドアが開くと作業で出たがれきを詰め込んだスーツケースを持って店の後方入り口から出るという生活を繰り返した。11月1日から2日にかけての夜に、穴に爆発物と時限発火装置を仕掛け、その後も時限装置が正しく動くかどうかの確認のために来店し、その後スイスに向けて出発した。

1939年11月8日、ヒトラーは「ビュルガーブロイケラー」で、毎年恒例であったミュンヘン一揆16周年記念演説を行った。この年、ヒトラーはベルリンで行われる第二次世界大戦に関する打ち合わせのため例年より早めに演説を切り上げ会場を後にした。ヒトラーが退席した後、時限爆弾が爆発し、7人が死亡し、63人が負傷した。SDラインハルト・ハイドリヒヴァルター・シェレンベルクは、イギリスの諜報機関の仕業と睨み、翌日11月9日にはオランダフェンローで活動していたシギスムンド・ペイン・ベスト英語版リチャード・ヘンリー・スティーヴンス英語版の二名を拉致した(フェンロー事件)。

一方エルザーは11月8日夜にコンスタンツでスイスへの国境のフェンスを乗り越えようとしていたところを逮捕されていた。所持品の中には爆発物の設計図や部品、ビュルガーブロイケラーの店内の写真を使った絵葉書などがあったが、取り調べ中に爆発事件の一報が入ったことからエルザーの身柄はミュンヘンに送られた。エルザーは爆弾犯が自分であることを自白したが、単独犯であることを主張し、イギリスの陰謀を否定した。しかしヒトラーはイギリスの陰謀と確信しており、親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーに背後関係を調べるよう命じた。ヒムラーは自らがエルザーの取り調べに赴いた。居合わせた者の証言によるとヒムラーはエルザーに罵声を浴びせながら足蹴にし、さらにゲシュタポの一人にエルザーを鞭で打ちつけさせ、苦痛で悲鳴をあげるまで打ちすえた後、エルザーは再びヒムラーの前に引きずり出されて罵詈と足蹴りを受けたという。それでもエルザーは単独犯であると主張した。ヒムラーはその後、フランツ・ヨーゼフ・フーバーアルトゥール・ネーベに取り調べを任せたが、フーバーも自白させられず、「エルザーの単独犯」の結論を出した。ネーベは後に7月20日事件に参加し、処刑されている。ハイドリヒも「単独犯」と認めるしかなかった。捜査の失敗にヒムラーはヒトラーから譴責を受けたという。

1945年4月9日にダッハウ強制収容所内で処刑された。逮捕後もヒトラーの死の直前まで生かされ、処刑後もドイツ政府が彼の存在を隠し続けていた理由には諸説ある。

エルザーはドイツが東西に分裂した冷戦時代には、西ドイツでは共産主義者の偏屈なドイツ人と見なされ、東ドイツではドイツを解放したのはソ連赤軍であると無視された。冷戦が終わりドイツが再統一されて以降の1993年にエルザー復権署名運動が始まり、1997年に「ゲオルク・エルザー広場」がミュンヘンに登場。2001年には市民単独の行動を讃える「ゲオルク・エルザー賞」が設けられた。2014年には、ドイツのメルケル首相がエルザーを自ら戦争を阻止しようとした人物であると評価した。

エルザーに関する映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]