ケプラー70

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケプラー70
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座
赤経 19h 45m 25s
赤緯 +41° 05′ 34″
視等級 (V) 14.87
アストロメトリー
距離 3349 ± 310 光年
(1180 ± 95 パーセク)
特徴
スペクトル分類  sdB
詳細
質量 0.496 ± 0.002 M
半径 0.203 ± 0.007 R
表面温度 27730 ± 270 K
別名称
別名称
2MASS 19452546+4105339 , KIC 05807616


ケプラー70 (KOI-55) は、太陽の半分ほどの質量を持つ恒星である。2013年現在、2個の惑星を持つことが確認されている。

惑星[編集]

ケプラー70には、現在2個の惑星が発見されている[1]。このうちのKepler-70b英語版は、通常の恒星の回りを公転する太陽系外惑星としては、最も小さな部類に入る[2]

ケプラー70の惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b英語版 4.45 M 0.006 0.2401
c英語版 0.67 M 0.0076 0.34289

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 最も小さな惑星は、2013年現在ケプラー37bの0.303REである。また、パルサーの周りを公転するPSR B1257+12 Aが、最も小さな太陽系外惑星である可能性があるが、直径は不明である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]