グレーヴェンヴィースバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図(郡の位置)
Wappen Graevenwiesbach.png Locator map HG in Germany.svg
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: ダルムシュタット行政管区
郡: ホーホタウヌス郡
緯度経度: 北緯50度23分
東経08度27分
標高: 海抜 296 m
面積: 43.16 km2
人口:

5,375人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 125 人/km2
郵便番号: 61279
市外局番: 06086
ナンバープレート: HG, USI
自治体コード: 06 4 34 004
行政庁舎の住所: Bahnhofsweg 2a
61279 Grävenwiesbach
ウェブサイト: www.graevenwiesbach.de
首長: ローラント・ゼール (Roland Seel)
郡内の位置
Grävenwiesbach in HG.svg

グレーヴェンヴィースバッハ (ドイツ語: Grävenwiesbach) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ダルムシュタット行政管区に属すホーホタウヌス郡の町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

位置[編集]

グレーヴェンヴィースバッハの町域は、タウヌス主脈の北側にあたるヒンタータウヌスの東部、海抜 200 m から 500 m に位置している。最寄りの大きな都市としては、北にヴェッツラー (20 km)、西にリムブルク・アン・デア・ラーンドイツ語版英語版 (32 km)、南にフランクフルト・アム・マイン (40 km) がある。

隣接する市町村[編集]

グレーヴェンヴィースバッハは、北はヴァイルミュンスタードイツ語版英語版リムブルク=ヴァイルブルク郡ドイツ語版英語版)およびヴァルトゾルムスラーン=ディル郡)、東はブッツバッハヴェッテラウ郡)およびウージンゲン、南と西はヴァイルロート(ともにホーホタウヌス郡)と境を接する。

自治体の構成[編集]

グレーヴェンヴィースバッハは、中核地区のほかに5つの地区を含む。

市区 紋章 人口(人) 中核地区からの距離 中核地区からの方角
ハインツェンベルク Heinzenberg Wappen von Heinzenberg 418 3.9 km 西南西
フントシュタット Hundstadt Wappen von Hundstadt 879 2.1 km 東南東
ラウバッハ Laubach Wappen von Laubach 608 3.6 km 南西
メンシュタット Mönstadt Wappen von Mönstadt 421 2.2 km 西
ナウンシュタット Naunstadt Wappen von Naunstadt 405 1.5 km 南南西

歴史[編集]

グレーヴェンヴィースバッハは、1280年Wiesinbach として文献に記述されている。このほかに歴史的な表記としては Grebenwiesbach(1493年)がある[2]。この集落は、1326年からナッサウ=ヴァイルブルク伯領、後にナッサウ=ヴァイルブルク侯領に属し、1806年に新たに創設されたナッサウ公国領となった。1866年にグレーヴェンヴィースバッハはプロイセン王国領となった。

グレーヴェンヴィースバッハのユダヤ人墓地は、1925年までの少なくとも200年間、ユダヤ教信者の墓地として用いられた。

ヘッセン州の地域再編に伴い、1971年12月31日にグレーヴェンヴィースバッハ、ハインツェンベルク、フントシュタット、ラウバッハ、メンシュタット、ナウンシュタットが合併し、新たな町村グレーヴェンヴィースバッハが成立した。

6つの旧町村の領域に、基本条例に基づき地区議会と地区長を有する行政地区が設けられている[3]。行政地区の教会は特に定められていないが、かつての町村境が引き続き適用されている。

行政[編集]

町議会[編集]

グレーヴェンヴィースバッハの町議会は23議席で構成されている[4]

紋章[編集]

知られている最も古い市の印章(1534年)にはすでにが描かれている。その後のいずれの紋章もこの図柄が用いられている。1952年に現在の印章が承認された。

鷲は帝国鷲ドイツ語版英語版であり、この町がかつて自由帝国都市であったことを示している。星の由来は明らかでない。青い色は1952年に採用された。これは何世紀もこの町が属していたナッサウの色である[5]

姉妹自治体[編集]

グレーヴェンヴィースバッハは、1980年9月6日からアルザス地方のヴエンハイムと姉妹関係にある[6]

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

グレーヴェンヴィースバッハ駅

連邦道 B456号線はグレーヴェンヴィースバッハを通り、約 25 km でアウトバーン A5号線フランクフルト - カッセル線のオーバー=メルレン・インターチェンジに到着する。

グレーヴェンヴィースバッハ駅[編集]

グレーヴェンヴィースバッハ駅は、ヘッセン・ランデスバーン GmbH が運営するタウヌス鉄道バート・ホムブルク - ウージンゲン - ブラントオーベルンドルフ線の駅である。

地元企業[編集]

1915年からグレーヴェンヴィースバッハ・ライフアイゼン農業信用金庫がある。

教育[編集]

グレーヴェンヴィースバッハには基礎課程学校が1校ある。本課程・実科学校およびギムナジウムはウージンゲンおよびノイ=アンスパハの学校に通学する。

ユースホステル[編集]

グレーヴェンヴィースバッハの外れにホーホタウヌス郡に3つあるユースホステルの1つがある。このユースホステルは1937年にはすでに計画されていた。しかし、リュッセルスハイム市がこの施設の一部を課外授業用施設として利用する事を前提に建設資金の 1/5 を提供することになり、やっと1964年8月5日にオープンすることができた。現在は2人部屋から8人部屋の、合わせて 174床が利用可能である[7][8]。グレーヴェンヴィースバッハにはリヒャルト・シルマン市立博物館をこの施設に入居させている。リヒャルト・シルマンは、ドイツのユースホステル運動の創始者で、晩年をグレーヴェンヴィースバッハで過ごした。博物館はこの人物に献げられている。町内にリヒャルト・シルトマンにちなんで命名されたリヒャルト=シルトマン通りもある。

見所[編集]

グレーヴェンヴィースバッハの福音主義教会

丘の平地にどの方角からも良く見える福音主義グレーヴェンヴィースバッハ教会がある。この教会は1737年から1738年に古典主義様式で建設され、村の教会としては異例な大きさ、簡素さ、内部レイアウトに驚かされる。

参考文献[編集]

  • So war es einst. Grävenwiesbach im Wandel der Zeiten. Herausgeber: Heimat- und Geschichtsverein Grävenwiesbach e. V. ISBN 3-00-010271-X.
  • Unsere Bahn. Herausgeber: Heimat- und Geschichtsverein Grävenwiesbach e. V.
  • Grävenwiesbach Gestern und Heute. Eine Zeitreise durch die letzten Jahrhunderte. Herausgeber: Heimat- und Geschichtsverein Grävenwiesbach e. V.

これらの文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。

出典[編集]

  1. ^ Bevölkerungsstand am 31.12.2018
  2. ^ Landesfeschichtliches Informationssystem Hessen - Grävenwiesbach(2017年3月4日 閲覧)
  3. ^ Hauptsatzung der Gemeinde Grävenwiesbach(2017年3月4日 閲覧)
  4. ^ 2016年3月6日のグレーヴェンヴィースバッハ町議会選挙結果(2017年3月4日 閲覧)
  5. ^ Heraldry of the World - Grävenwiesbach(2017年3月4日 閲覧)
  6. ^ Grävenwiesbach - Geschichte der Partnerschaft mit Wuenheim im Elsaß(2017年3月4日 閲覧)
  7. ^ Gudrun Schirrmann: Unsere Jugendherbergen; in: Ingrid Berg: Heimat Hochtaunus; Frankfurt 1988; ISBN 3-7829-0375-7, Seite 486
  8. ^ heesen.jugendherberge.de - Grävenwiesbach(2017年3月4日 閲覧)

外部リンク[編集]