ラーン=ディル郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Lahn-Dill-Kreis.svg Locator map LDK in Germany.svg
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: ギーセン行政管区
郡庁所在地: ヴェッツラー
面積: 1,066.52 km2
人口:

254,074人(2016年12月31日現在) [1]

人口密度: 238 人/km²
ナンバープレート: LDK, DIL, (WZ)
自治体コード: 06 5 32
郡の構成: 23 市町村
郡庁舎の住所: Karl-Kellner-Ring 51
35576 Wetzlar
ウェブサイト: www.lahn-dill-kreis.de
郡長: ヴォルフガング・シュスター (Wolfgang Schuster)
州内の位置
Hesse LDK.svg

ラーン=ディル郡 (ドイツ語: Lahn-Dill-Kreis) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ギーセン行政管区の郡である。行政機関は郡庁所在地のヴェッツラーにあり、ディレンブルクヘルボルンハイガーに分所がある。

郡名の由来は、ラーン川ディル川の2本の川である。1970年代のラーン=ディル地域の大規模な地域改編によってラーン=ディル郡が形成された。1977年にラーン市ドイツ語版英語版が形成されたが、1979年に再び廃止され小さな自治体に分割され、旧ヴェッツラー郡[2]、ディル郡および旧ビーデンコプフ郡の周縁部の市町村からミッテルヘッセンに新たな郡として本郡が成立した。

地理[編集]

位置[編集]

ラーン=ディル郡はミッテルヘッセンの西部に位置しており、ノルトライン=ヴェストファーレン州およびラインラント=プファルツ州と境を接している。郡域北部にロタール山地の支脈、西部にヴェスターヴァルトドイツ語版英語版の支脈、北東部にはグラーデンバッハ・ベルクラント南西部、南部はラーン川中流域の谷とヒンタータウヌス東部の一部を含む。郡内の最高地点は、ロタール山地南斜面 (673.1 m) と、ディーツヘルツタール町内 (675.9 m) にある。

郡内の特徴的な風景を造り出している谷をラーン川とその右岸側の支流であるディル川が流れている。ミッテルヘッセンのギーセン郡ギーセンホイヒェルハイム方面から流れてきたラーン川は、ヴェッツラーのドゥーテンホーフェン市区からほぼ東西方向に郡内を流れ、郡庁所在地ヴェッツラーの中核市区で北から流れてきたディル川と合流する。ラーン川はロインのビスキルヒェン近郊で、隣のリムブルク=ヴァイルブルク郡ドイツ語版英語版に位置するレーンベルクドイツ語版英語版の中心街に向かって、本郡を離れる。

隣接する郡[編集]

ラーン=ディル郡は北東から時計回りに、ヘッセン州マールブルク=ビーデンコプフ郡ギーセン郡ヴェッテラウ郡ホーホタウヌス郡リムブルク=ヴァイルブルク郡ドイツ語版英語版ラインラント=プファルツ州ヴェスターヴァルト郡ノルトライン=ヴェストファーレン州ジーゲン=ヴィトゲンシュタイン郡と境を接している。

気候[編集]

ドイツ全土がそうであるように温帯に属するラーン=ディル郡を、年間降水量に大きな違いがある天気の境界[3]が通っている。郡の北部では、中部および南部に比べ 50 % 以上多い降水量を示す。ディーツヘルツタール=マンデルンの年間降水量が 1096.4 mm であるのに対して、郡内で最も少ないエーリングスハウゼン=ケルシュハウゼンのそれは 718.9 mm である。通常、ロタール山地の支脈が突き出した郡北部から南に行くにつれて降水量が少なくなる傾向がある: ディーツヘルツタール=マンデルン 1096.4 mm、エッシェンブルク=ヒルツェンハイン 965.6 mm、ジークバッハ=アイゼムロート 841.4 mm、ヴェッツラー=ナウボルン 731.1 mm。また、郡南部でも西部と東部とでは大きく異なっている。ヴェスターヴァルトに属すドリードルフの年間降水量は 1229.1 mm と、直線距離で約 15 km しか離れていないエーリングハウゼンのそれの 1.7 倍に達する。

ラーン=ディル郡の年間平均気温は、ドイツ全土の平均値である 8.2℃に近い: アスラー=クライン・アルテンシュテッテン: 8.4 ℃、ほぼ同じ高さ 314 m に位置するディレンブルクは 7.7 ℃である。

歴史[編集]

郡域南部は、ゾルムス=ブラウンフェルス侯領ドイツ語版および帝国自由都市ヴェッツラーに属していた。1803年帝国代表者会議主要決議の結果、ヴェッツラー伯領となり、その後ライン同盟首座大司教侯で帝国宰相のカール・テオドール・フォン・ダールベルクによって新たに創設されたフランクフルト大公国に編入された。旧ゾルムス領は1806年ナッサウ公国領となり、1815年プロイセン王国領となった。1816年にプロイセンのヴェッツラー郡とブラウンフェルス郡が成立し、1822年にヴェッツラー郡に統合された。この郡は1932年まで飛び地としてプロイセンのライン州ドイツ語版英語版に属した。郡域北部は中世からナッサウ=ディルブルク侯領ドイツ語版に属した。1806年から1813年までフランス占領下のベルク大公国ドイツ語版英語版、1813年から1815年までナッサウ=オラニエン侯国に属したが、1816年にナッサウ公国領となった。ここではアムト・ヘルボルンとアムト・ディレンブルクを形成した。ナッサウ公国がプロイセンに併合された後、1866年に両アムトはディル郡に統合された。

第二次世界大戦後、現在の郡域全体がヘッセン州となった。ヘッセン州の地域再編によって1977年1月1日にラーン=ディル郡が創設された。この新しい郡は、以下の地区から形成された。

  • 廃止されたディル郡全域: ディレンブルク、ハイガー、ヘルボルン、ブライトシャイト、ディーツヘルツタール、ドライドルフ、エッシェンブルク、グライフェンシュタイン、ミッテンアール、ジークバッハ、ジン
  • 廃止されたギーセン郡の大部分: アレンドルフ (ルムダ)、グリューンベルク、フンゲン、ラウバッハ、リヒ、リンデン、シュタウフェンベルク、ブーゼック、フェルンヴァルト、ランゲンス、ロラー、ポールハイム、ラーベナウ、ライスキルヒェン
  • 廃止されたヴェッツラー郡の一部: ブラウンフェルス、ロイン、アスラー、ビーバータール、ビショッフェン、エーリングスハウゼン、ホーエンアール、ヒュッテンベルク、シェッフェングルント、ゾルムス、ヴァルトゾルムス[4][5]

この新しい郡は、面積 1,695 km2 で、36市町村を含んだ。行政中心地は、同時に形成されたラーン市であった。この街は、郡独立市ギーセンとヴェッツラー、ヴェッツラー郡の13町村およびギーセン郡のホイヒェルハイムが合併して成立した。

この地域再編は、主にヴェッツラー側住民の激しい抵抗によって撤回された。1979年8月1日にラーン市は廃止され、ラーン=ディル郡は新たに分割された。

  • ヴェッツラー市を再興し、新たにラーナウをラーン=ディル郡に編入した。
  • ビーバータールと1976年までギーセン郡に属していた全市町村をラーン=ディル郡から分離し、新たにギーセン郡を設けた。

この結果、ラーン=ディル郡は23市町村、面積 1,066.5 km2 となった。

住民[編集]

人口推移[編集]

ラーン=ディル郡は1979年8月1日に郡域の変更がなされた。

日付 人口(人) 出典
1977年6月30日 312,000 [6]
1979年6月30日 314,200 [7]
1980年6月30日 240,000 [8]
1990年12月31日 247,400 [8]
1995年12月31日 262,952 [9]
2001年12月31日 263,043 [9]
2011年5月9日 253,441 [9]
2014年12月31日 251,440 [10]
2015年12月31日 253,167 [11]

行政[編集]

ラーン=ディル郡役場

郡議会[編集]

2016年3月6日の郡議会選挙結果を以下に示す[12]。比較のためにそれ以前の結果も表示した[13][14][15]

政党名 得票率 (%)
2016年
議席数
2016年
得票率 (%)
2011年
議席数
2011年
得票率 (%)
2006年
議席数
2006年
得票率 (%)
2001年
議席数
2001年
CDU ドイツキリスト教民主同盟 31.2 25 34.7 28 38.1 31 35.4 29
SPD ドイツ社会民主党 29.9 24 32.9 27 35.2 28 39.5 32
AfD ドイツのための選択肢 10.0 8
FWG Freie Wählergemeinschaft Lahn-Dill 10.0 8 10.6 9 11.4 9 10.6 9
GRÜNE 同盟90/緑の党 8.3 7 13.6 11 5.6 5 5.8 5
FDP 自由民主党 5.4 4 3.1 2 4.2 3 4.1 3
DIE LINKE. 左翼党[注 1] 3.2 3 2.7 2 2.2 2
NPD ドイツ国家民主党 2.0 2 2.4 2 2.0 2 1.8 1
REP 共和党 1.3 1 2.7 2
合計 100.0 81 100.0 81 100.0 81 100.0 81
投票率 (%) 44.5 41.3 40.4 47.7
  1. ^ 2006年の選挙当時は: Arbeit & soziale Gerechtigkeit – Die Wahlalternative (WASG)

郡長[編集]

  • エルンスト・テュルク (SPD) 1977年1月1日 - 1977年6月15日(郡新設のため、州から指名された郡長であった)
  • カール・レールマン (CDU) 1977年6月16日 - 1979年7月31日および1979年8月1日 - 1981年7月31日(1979年8月1日までは郡新設のための州から指定された郡長であった)
  • フランツ・デンマー (CDU) 1981年8月1日 - 1985年6月10日
  • ゲルハルト・ベーケル (SPD) 1985年6月11日 - 1994年7月11日
  • カール・イーメルス (SPD) 1994年11月7日 - 2006年11月6日
  • ヴォルフガング・シュースター (SPD) 2006年11月7日 -

紋章[編集]

図柄: 上下二分割。上部は金地赤い嘴と爪を持つ黒い双頭の鷲。下部は左右二分割。向かって左は金地に、赤い帯がついた青い狩猟用の角笛。向かって右は青地に金色の小さな四角形が撒かれた地の上に赤い舌と爪を持つ金の獅子

解説: 帝国鷲は、かつての自由帝国都市ヴェッツラーを象徴している。狩の角笛はオラニエ伯、獅子はナッサウ侯を表している。この紋章は1980年8月4日に承認された。

経済と社会資本[編集]

ヴェッツラー駅(奥)とそのバスターミナル

交通[編集]

郡域内を連邦アウトバーン A45号線(アシャッフェンブルク - ドルトムント)および欧州自動車道 E40号線、E41号線、アウトバーン A480号線が通っている。さらに多くの連邦道、郡道が郡内を通っており、その中には連邦道 B49号線および E44号線、B253号線、B255号線、B277号線、旧B277a号線が含まれる。

ラーン・ディル交通連合 (VLD) およびリムブルク=ヴァイルブルク郡ローカル近郊交通協会 GmbH (LNG) は、2011年9月初めにラーン=ディル=ヴァイル交通協会 mbH (VLDW) として統合された。この協会は、独自の近郊交通機構を有するヴェッツラー市内を除くラーン=ディル郡およびリムブルク=ヴァイルブルク郡の公共旅客交通を担う目的連合である。通学日には、1日最大250台の車輌が120路線を運行している。VLD はラーン=ディル郡内に554か所の停留所を運営している。2016年現在、6社の交通会社が VLD の委託で業務を行っている。総運行距離は、年間約570万 km である。ヴェッツラーでは、ヴェッツラー交通 GmbH がヴェッツラー市の近郊交通局の委託を受けて、10路線、220停留所を運営しており、年間総運行距離は140万 km である[16]

郡内をドイツ鉄道 AG のディル線が通っており、フランクフルト・アム・マインおよびギーセンからヴェッツラーディレンブルクを経由してジーゲン(ここでハーゲンおよびケルン方面の路線に接続する)に至るレギオナルエクスプレスやラーン=ディル郡中部の市町村を乗り換えなしでフランクフルト・アム・マインに結ぶミッテルヘッセン=エクスプレスが走行している。2009年12月の時刻表改正後、平日には、ヴェッツラー、ヘルボルン、ディレンブルクに国際列車ユーロシティが発着する事になった。この列車は、ジーゲンからフランクフルト・アム・マイン、シュトゥットガルトミュンヘンを経由して、クラーゲンフルト・アム・ヴァルターゼーリュブリャナ、あるいはザグレブまで運行されていた。この列車は2011年の時刻表改正で再び廃止された。このほかにギーセンからヴェッツラー - ヴァイルブルク - リムブルクを経由してコブレンツに至るラーンタール鉄道が運行している。ディレンブルクからハイガーを経由してベッツドルフへ行くヘラータール鉄道も郡域をかすめている。南部では、ヴァルトゾルムス=ブラントオーベルンドルフからタウヌス鉄道を利用してバート・ホムブルクおよびフランクフルトに往来できる。郡内の鉄道路線は1996年にドイツ鉄道から VLD が購入した。大きな駅は、ヴェッツラー、ヘルボルン、ディレンブルクにある。

文化と見所[編集]

見所[編集]

  • ビショッフェン近郊アールタール湖
  • ブラウンフェルス城
  • ブライトシャイト近郊の鍾乳洞「ヘルプストラビリンス」
  • ドンスバッハの猟獣園
  • ディレンブルクのヴィルヘルムス塔
  • ドリードルフ近郊クロムバッハタール堰
  • ヴェスターヴァルトのグライフェンシュタイン城
  • 数多くの建築文化財や木組み建築が立ち並ぶヘルボルン旧市街
  • ヘルボルン=ウッカースドルフの鳥獣園
  • ハース邸、1892年頃に建設されたジンの古典主義様式の保護文化財建築
  • ゾルムス=オーバービール/ヴェッツラー近郊の見学鉱山フォントゥナ坑
  • 旧帝国都市ヴェッツラー、ヴェッツラー聖堂ドイツ語版英語版や旧市街が見所
  • ヴェッツラーの博物館、美術館
  • クレッフェルバッハのコプト会修道院
  • バイルシュタイン近郊のウルムバッハ堰止め湖

市町村[編集]

  1. アスラー (de:Aßlar 13,655)
  2. ブラウンフェルス (de:Braunfels 10,954)
  3. ディレンブルク (de:Dillenburg 23,542)
  4. ハイガー (de:Haiger 19,316)
  5. ヘルボルン (de:Herborn 20,618)
  6. ロイン (de:Leun 5,800)
  7. ゾルムス (de:Solms 13,497)
  8. ヴェッツラー (de:Wetzlar 特別市、郡庁所在地 52,446)

町村

  1. ビショッフェン (de:Bischoffen 3,377)
  2. ブライトシャイト (Breitscheid 4,779)
  3. ディーツヘルツタール (de:Dietzhölztal 5,735)
  4. ドリードルフ (de:Driedorf 5,122)
  5. エーリングスハウゼン (de:Ehringshausen 9,314)
  6. エッシェンブルク (de:Eschenburg 10,152)
  7. グライフェンシュタイン (Greifenstein 6,841)
  8. ホーエンアール (de:Hohenahr 4,799)
  9. ヒュッテンベルク (Hüttenberg 10,799)
  10. ラーナウ (de:Lahnau 8,197)
  11. ミッテンアール (de:Mittenaar 4,837)
  12. シェッフェングルント (de:Schöffengrund 6,417)
  13. ジークバッハ (de:Siegbach 2,636)
  14. ジン (Sinn 6,444)
  15. ヴァルトゾルムス (de:Waldsolms 4,797)

ラーン=ディル郡の市町村区分図

Gemeinden im Landkreis

括弧内の数値は、2016年12月31日現在の人口。[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Aktuellster Bevölkerungsstand am 31.12.2016
  2. ^ Landkreis Wetzlar(2017年4月25日 閲覧)
  3. ^ Klimadaten Hessen - Mittlerer Niederschlag (1961-1990) - Jahr(2017年4月26日 閲覧)
  4. ^ Gesetz zur Neugliederung des Dillkreises, der Landkreise Gießen und Wetzlar und der Stadt Gießen(2017年4月27日 閲覧)
  5. ^ Statistisches Bundesamt (Hrsg.): Historisches Gemeindeverzeichnis für die Bundesrepublik Deutschland. Namens-, Grenz- u. Schlüsselnummernänderungen bei Gemeinden, Kreisen u. Reg.-Bez. vom 27.5.1970 bis 31.12.1982. Kohlhammer, Stuttgart/Mainz 1983, ISBN 3-17-003263-1, S. 381.
  6. ^ Statistisches Jahrbuch für die Bundesrepublik Deutschland 1978(2017年4月28日 閲覧)
  7. ^ Statistisches Jahrbuch für die Bundesrepublik Deutschland 1980(2017年4月28日 閲覧)
  8. ^ a b verwaltungsgeschichte.de: Lahn-Dill-Kreis(2017年4月28日 閲覧)
  9. ^ a b c City Population - Lahn-Dill-Kreis(2017年4月28日 閲覧)
  10. ^ Hessisches Statistisches Landesamt - Die Bevölkerung in den hessischen Verwaltungsbezirken nach Quartalen(2017年4月28日 閲覧)
  11. ^ Hessisches Statistisches Landesamt - Bevölkerung in den Verwaltungsbezirken am 31.12.2015 und Bevölkerungsveränderung im 4. Quartal 2015(2017年4月28日 閲覧)
  12. ^ 2016年3月6日のラーン=ディル郡議会選挙結果(2017年4月29日 閲覧)
  13. ^ 2011年3月27日のラーン=ディル郡議会選挙結果(2017年4月29日 閲覧)
  14. ^ 2006年3月26日のラーン=ディル郡議会選挙結果(2017年4月29日 閲覧)
  15. ^ 2001年3月18日のラーン=ディル郡議会選挙結果(2017年4月29日 閲覧)
  16. ^ Verkehrsgesellschaft Lahn-Dill-Weil mbH(2017年4月29日 閲覧)

外部リンク[編集]