グレゴリア・マクシミリアーネ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グレゴリア・マクシミリアーネ・フォン・エスターライヒ
Gregoria Maximiliane von Österreich
Jakob de Monte 004.jpg
グレゴリア・マクシミリアーネ、ヤーコプ・デ・モンテ(Jakob de Monte)画、1592年頃
出生 (1581-03-22) 1581年3月22日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国グラーツ
死去 (1597-09-20) 1597年9月20日(16歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国グラーツ
埋葬  
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国、ゼッカウ修道院
父親 オーストリア大公カール2世
母親 マリア・アンナ・フォン・バイエルン
テンプレートを表示

グレゴリア・マクシミリアーネ・フォン・エスターライヒGregoria Maximiliane von Österreich, 1581年3月22日 - 1597年9月20日)は、オーストリア大公家大公女(Erzherzogin)神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の妹。

生涯[編集]

内オーストリア大公カール(2世)とその妻でバイエルン公アルブレヒト5世の娘であるマリア・アンナの間の第8子、五女として生まれた。両親は実の叔父と姪の間柄だった。洗礼名は代父母を務めた教皇グレゴリウス13世と母方の叔母マクシミリアーナに因む[1]。信心深い性格で、兄弟姉妹の中では母大公妃に最も可愛がられた。グレゴリアとその姉妹たちには、ハプスブルク家の成員に特徴的な突出した下唇(Habsburger Unterlippe)の相貌が顕著に現れたことで知られる[2]。グレゴリアは成長するにつれて背中が醜く湾曲し、顔も痘痕面になった[3]

1596年、アラゴン王国の海軍提督メンドーサFrancisco de Mendoza)が使節としてグラーツの宮廷を訪れ、スペインのアストゥリアス公フェリペ(後のフェリペ3世)の花嫁を選ぶべくグレゴリアと2人の妹エレオノーレおよびマルガレーテの肖像画をスペインに持ち帰った。この後すぐに、グレゴリアはフェリペと婚約した[4]。王子は3人のうちマルガレーテの肖像画を気に入ったが、父王フェリペ2世が3人の候補の中で最年長のグレゴリアを娶るように命じたのである[5]

1597年9月17日、結婚の仲人役がグラーツの宮廷に到着したが、グレゴリアはこのとき重病に陥っていた[6]。そして3日後に16歳の若さで死去し、ゼッカウ修道院(Abtei Seckau)内の教会堂に葬られた[7]。アストゥリアス公は1599年、グレゴリアの妹で意中の相手だったマルガレーテと結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ Georg Haubenreich: Genealogia, 1598, S. 80 Digitalisat.
  2. ^ Deutsche Gesellschaft für Rassenhygiene: Archiv für Rassen- und Gesellschafts-Biologie, einschliesslich Rassen- und Gesellschafts-Hygiene, Band 8, S. 779 Digitalisat.
  3. ^ Brigitte Hamann: Die Habsburger: ein biographisches Lexikon, Piper, 1988, S. 278.
  4. ^ Societatea Academică Română: Acta historica, Band 3, Societatea Academică Română, 1959, S. 162.
  5. ^ Karl Acham: Kunst und Geisteswissenschaften aus Graz, Band 2, Böhlau Verlag Wien, 2009, S. 88.
  6. ^ Alexander Randa: Pro Republica Christiana, Band 3, Rumänische Akademische Gesellschaft, 1964, S. 166.
  7. ^ Quirin Ritter von Leitner: Die Schatzkammer des Allerhöchsten kaiserhauses, Druck von A. Holzhausen, 1882, S. 145.

参考文献[編集]

  • Friedrich Emanuel von Hurter: Bild einer christlichen Fürstin Maria Erzherzogin zu Österreich, Herzogin von Bayern, Hurter, 1860, S. 171 f.