グリーゼ412

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリーゼ412A
Gliese 412 A
星座 おおぐま座
視等級 (V) 8.68[1]
分類 赤色矮星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 11h 05m 28.57798s[1]
赤緯 (Dec, δ) +43° 31′ 17.05″[1]
赤方偏移 0.000229[1]
視線速度 (Rv) 68.753 ± 0.022 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -4410.43 ミリ秒/[1]
赤緯: 942.93 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 206.27 ± 1.00 ミリ秒[1]
距離 15.81 ± 0.07 光年[注 1]
(4.85 ± 0.02 パーセク[注 1])
絶対等級 (MV) 10.34[2]
物理的性質
質量 0.48 M[2]
表面重力 4.90 (log g)[3]
自転速度 <3 km/s[4]
スペクトル分類 M1.0V[1]
表面温度 3,687 K[3]
色指数 (B-V) +1.54[5]
色指数 (U-B) +1.16[5]
金属量[Fe/H] -0.43[3]
別名称
別名称
GJ 412 A[1], HIP 54211[1]
LHS 38[1], LTT 12976[1]
BD+44 2051A[1]
2MASS J11052903+4331357[1]
SAO 43609[1]
TYC 3012-2528-1[1]
Template (ノート 解説) ■Project
グリーゼ412B
Gliese 412 B
視等級 (V) 14.45[6]
14.2 - 16.53(変光)[7]
変光星型 閃光星[6]
(くじら座UV型変光星[7])
分類 赤色矮星
位置
元期:J2000.0[6]
赤経 (RA, α) 11h 05m 31.332s[6]
赤緯 (Dec, δ) +43° 31′ 17.05″[6]
赤方偏移 0.000234[6]
視線速度 (Rv) 70.02 km/s[6]
固有運動 (μ) 赤経: -4,328 ミリ秒/[6]
赤緯: 953 ミリ秒/年[6]
年周視差 (π) 206.94 ミリ秒[6]
距離 15.75 光年[注 1]
(4.83 パーセク[注 1])
絶対等級 (MV) 16.05[2]
物理的性質
質量 0.10 M[2]
スペクトル分類 M5.5Ve[7]
M6.0V[6]
表面温度 2,700 K[8]
別名称
別名称
おおぐま座WX星[6],
GJ 412 B[6], LCC 0610 B[6]
BD+44 2051 B[6]
2MASS J11053133+4331170[6]
Template (ノート 解説) ■Project

グリーゼ412 (Gliese 412, GJ 412) は、太陽から15.8光年の距離にあるおおぐま座恒星である。固有運動が共通した2つの天体からなり、連星だと考えられている。両者の距離は31.4秒角位置角は126.1°で[9]、ともに赤色矮星である。

2つの天体は現在およそ190AU離れている[10]。質量は主星が太陽質量の48%で、伴星は10%である[2]。投影された赤道自転速度は、主星が3km/s以下で、伴星が7.7 ± 1.7 km/sである[4]。系の空間速度は U = 141, V = -7, W = 7 km/h で、銀河系銀河ハローに属する種族IIの恒星系である[4]

太陽系外惑星発見のため主星の視線速度が観測されているものの、惑星の存在を示す有意な視線速度の変動は見つかっていない[11]。また、近赤外線スペックル干渉計による観測では1から10AUの範囲に伴星は見つからず[12]、この系を周回する褐色矮星も発見されていない[13]

X線源[編集]

伴星のグリーゼ412Bは閃光星(くじら座UV型変光星)で、おおぐま座WX星の名が与えられている。1939年にはすでにオランダの天文学者アドリアン・ヴァン・マーネンがこの星の変光について観測している[14]

グリーゼ412BはX線源としても知られるが、一方で主星Aは有意なX線を放射していない[15]。この系が最初にX線で観測されたのは、天文衛星ROSATによってであった[15]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r BD+44 2051 –- High proper-motion Star”. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2008年5月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e The 100 nearest star systems”. Research Consortium on Nearby Stars (2009年9月14日). 2009年9月14日閲覧。
  3. ^ a b c Soubiran, C.; Bienaymé, O.; Mishenina, T. V.; Kovtyukh, V. V. (March 2008). “Vertical distribution of Galactic disk stars. IV. AMR and AVR from clump giants”. Astronomy and Astrophysics 480 (1): 91–101. doi:10.1051/0004-6361:20078788. 
  4. ^ a b c Delfosse, X.; et al. (March 1998). “Rotation and chromospheric activity in field M dwarfs”. Astronomy and Astrophysics 331: 581–595. Bibcode 1998A&A...331..581D. 
  5. ^ a b Nicolet, B. (1978). “Photoelectric photometric Catalogue of homogeneous measurements in the UBV System”. Observatory. Bibcode 1978ppch.book.....N. 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p BD+44 2051B -- Flare Star”. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2008年5月16日閲覧。
  7. ^ a b c GCVS”. Result for Hip 54211. 2016年12月18日閲覧。
  8. ^ Casagrande, Luca; et al. (September 2008). “M dwarfs: effective temperatures, radii and metallicities”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 389 (2): 585–607. doi:10.1111/j.1365-2966.2008.13573.x. 
  9. ^ Gould, Andrew; Chanamé, Julio (February 2004). “New Hipparcos-based Parallaxes for 424 Faint Stars”. The Astrophysical Journal Supplement Series 150 (2): 455–464. doi:10.1086/381147. 
  10. ^ Reid, I. Neill; Gizis, John E. (June 1997). “Low-Mass Binaries and the Stellar Luminosity Function”. Astronomical Journal 113: 2246–2269. doi:10.1086/118436. 
  11. ^ Endl, Michael; et al. (September 2006). “Exploring the Frequency of Close-in Jovian Planets around M Dwarfs”. The Astrophysical Journal 649 (1): 436–443. doi:10.1086/506465. 
  12. ^ Leinert, C.; et al. (September 1997). “A search for companions to nearby southern M dwarfs with near-infrared speckle interferometry”. Astronomy and Astrophysics 325: 159–166. Bibcode 1997A&A...325..159L. 
  13. ^ Oppenheimer, B. R.; et al. (April 2001). “A Coronagraphic Survey for Companions of Stars within 8 Parsecs”. The Astronomical Journal 121 (4): 2189–2211. doi:10.1086/319941. 
  14. ^ Joy, Alfred H. (June 1967). “Stellar Flares”. Astronomical Society of the Pacific Leaflets 10 (456): 41–48. Bibcode 1967ASPL...10...41J. 
  15. ^ a b Schmitt JHMM, Fleming TA, Giampapa MS (September 1995). “The X-Ray View of the Low-Mass Stars in the Solar Neighborhood”. Ap J. 450 (9): 392–400. doi:10.1086/176149. http://articles.adsabs.harvard.edu//full/1995ApJ...450..392S/0000395.000.html. 

関連項目[編集]