グラツィエラ・シュッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グラツィエラ・シュッティ(Graziella Sciutti, 1927年5月29日 - 2001年4月9日)は、イタリアソプラノ歌手[1][2]

生涯[編集]

トリノの出身。ジネヴラ・マリヌッツィに声楽の個人指導を受け、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院に進学してラケーレ・マルグリアーノ=モーリに学んだ。1949年にヴェニスでステージ・デビューを飾り、翌年にエクサン=プロヴァンス音楽祭に出場してドメニコ・チマローザの《秘密の結婚》のエリゼッタ役やジャン・カルロ・メノッティの《電話》のルーシー役で出演して成功を収めた。1954年にはアンリ・ソーゲの《マドンナの気まぐれ》の初演に参加する一方で、グラインドボーン音楽祭にも参加するようになった。1956年からコヴェントガーデン王立歌劇場ミラノ・スカラ座、1961年からメトロポリタン歌劇場などに出演するようになった。1980年代からオペラの演出も手掛けるようになった。

ジュネーヴにて没。

[編集]

  1. ^ theguardian.com
  2. ^ bach-cantatas.com