グッド・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グッド・ナイト
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年6月28日7月2日
ジャンル ララバイ
時間 3分12秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ザ・ビートルズ 収録曲

グッド・ナイト (Good Night) は、ビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1968年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバムザ・ビートルズ』、通称ホワイト・アルバムのラスト・ナンバーである。名義はレノン=マッカートニーだが、ジョン・レノンが制作した楽曲。しかし、ボーカルリンゴ・スターが担当している。

リンゴのヴォーカル以外は、オーケストラによる演奏である[注釈 1]。従ってこのアルバムでは唯一、リンゴのみが録音に参加している作品である。なお、この作品は公式発表曲としては、ジョン、ポール・マッカートニーの双方が歌わないものとしては、最後のレノン=マッカートニー作品となった。

ジョンは1969年3月にオノ・ヨーコと行ったアムステルダムでのベッド・インの期間中、この作品をアコースティック・ギターの弾き語りでラフに歌って録音し、同年11月に発表したヨーコとの3作目のアルバム『ウェディング・アルバム』のB面ラスト付近に収録している。

この楽曲自体は、「息子ジュリアンの子守唄に」と父親であるジョンが初めてジュリアンのために作った楽曲[1][注釈 2]であり、「考えうる限り甘いサウンドにしてくれ」とジョンはレコーディングにおいて注文を出したという。しかし、「歌うのが恥ずかしい」という理由でリード・ボーカルはリンゴが取っている。

ミキシング[編集]

モノラルミックスイントロがフル・ヴォリュームで始まるが、ステレオ・ミックスではイントロがフェード・インしてくる。

プレイヤー[編集]

クレジットはイアン・マクドナルドによるもの[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ しかしながら、ポール・マッカートニーコーラス、ジョン・レノンがエレクトリック・ギターで伴奏を付けたテイク(2018年発売の『ホワイト・アルバム』50周年記念エディションに収録)が存在する。
  2. ^ ヘイ・ジュード」もジュリアンへの歌ではあるが、こちらはポールが作った楽曲。

出典[編集]

  1. ^ Sheff, David (2000). All We Are Saying|publisher=St. Martin's Griffin. New York. p. 200. ISBN 0-312-25464-4 
  2. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 294. ISBN 1-84413-828-3