クヴレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クヴレ
Braille house.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) セーヌ=エ=マルヌ県
(arrondissement) トルシー郡
小郡 (canton) トリニー=シュル=マルヌ小郡
INSEEコード 77132
郵便番号 77700
市長任期 Thierry Cerri
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) Syndicat d'agglomération nouvelle du Val-d'Europe
人口動態
人口 2 594人
2013年
人口密度 321人/km2
地理
座標 北緯48度53分33秒 東経2度47分38秒 / 北緯48.8925度 東経2.7939度 / 48.8925; 2.7939座標: 北緯48度53分33秒 東経2度47分38秒 / 北緯48.8925度 東経2.7939度 / 48.8925; 2.7939
標高 平均:85 m
最低:86 m
最高:93 m
面積 8.09km2 (809ha)
クヴレの位置(フランス内)
クヴレ
クヴレ
テンプレートを表示

クヴレ (Coupvray [kuvʁɛ]) は、フランス北部、パリの東58kmのところにある小さな村である。点字を発明したルイ・ブライユはここで生まれ育った。

点字博物館[編集]

ブライユが産まれたころには、村は今よりさらに小さく、1806年の人口は628人であった。彼の父親は、馬具や革靴などを製作する皮革職人であったため、実家は一階が作業場、上が住居だった。ルイが3歳の時、親がちょっと目を離した間に作業所に侵入し、鋭い錐で遊んでいるうちに、それで眼球を突いて失明した。

彼の実家は「点字博物館」として公開されており、フランスを訪れた視覚障害者の聖地のようになっている。博物館が面する通りも彼にちなんでルイ・ブライユ通りとなっている。

その他の名所[編集]

1600年ごろに建てられたロアン城も旧跡として知られるが、今は廃墟に近い。