クロンジュ=シュル=ロティーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Coulonges-sur-l'Autize
Marché couvert.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏Proposed design for a flag of Aquitaine-Limousin-Poitou-Charentes.svg
(département) ドゥー=セーヴル県Blason département fr Deux-Sèvres.svg
(arrondissement) ニオール郡
小郡 (canton) オティーズ=エグレ小郡
INSEEコード 79101
郵便番号 79160
市長任期 ジャン=フィリップ・ゲリ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Gâtine-Autize
人口動態
人口 2374人
2013年
人口密度 126人/km2
住民の呼称 Coulongeoises, Coulongeois
地理
座標 北緯46度29分03秒 西経0度35分52秒 / 北緯46.4841666667度 西経0.597777777778度 / 46.4841666667; -0.597777777778座標: 北緯46度29分03秒 西経0度35分52秒 / 北緯46.4841666667度 西経0.597777777778度 / 46.4841666667; -0.597777777778
標高 平均:m
最低:27m
最高:121m
面積 km2
Coulonges-sur-l'Autizeの位置(フランス内)
Coulonges-sur-l'Autize
Coulonges-sur-l'Autize
公式サイト http://www.ville-coulonges-sur-lautize.fr
テンプレートを表示

クロンジュ=シュル=ロティーズCoulonges-sur-l'Autize)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ドゥー=セーヴル県コミューン。複数の集落で構成される。

由来[編集]

Coulongeは、後期ラテン語のColoniaに由来する。早くも8世紀にcolonicæとして現れる。自由農民がColonia内で定住する権利を得ると、彼はcolonと呼ばれるようになった。

歴史[編集]

サン=ポンパンの方向にあるトゥルテノン村落は、メロヴィング朝時代に硬貨鋳造の工房があったことで知られた。クロンジュの最古の引用は978年、villa Ecoloniiについての記載である。古代から継承されてきた簡素な農業のドメーヌで、この農場が住民たちのコミュニティーを確立する原因であった可能性がある。1世紀後、Colongiaの人口凝塊が城や教会の周りで始まった。

クロンジュ=シュル=ロティーズに関する最初の言及は1207年、城主の報告からである[1]。中世にはクロンジュ=レ=ロワイヨー(Coulonges-les-Royaux)またはクロンジュ=レ=ロワイヤル(Coulonges-le-Royal)と呼ばれていた。クロンジュ領主マダイヤン・デスタック家は王に仕えて頭角を現し、ルイ11世がジャン・マダイヨン・デスタックの城を撤去させる前に、甥アモーリーが王弟ベリー公シャルルの侍従となったので[2]ルネサンス様式の城に建て替えられた[3]。大規模な狩りを行うことになり、ルイ11世自身がマニェの城(マリコルヌ卿所有)の中にあるCoulonges-lèz-Réauxへ移った[4]。1469年9月8日、ここでベリー公シャルルと王の和解が行われた。王は和解の条約に署名するため9月18日までここに残っていた[5] · [6]

1709年、ひどい不作の後、不足時にやりくりして需要をまかなう時期は困難を極めた。こうして、別の地方や軍隊への穀物供給を阻止するために、王の民兵として戦うべく武装した農民たちは、4月19日夜から20日にかけ王室の穀物蔵を略奪した[7]

現在のクロンジュの町は、異なる時代に3回の成長を見た小さな町として構成されている。中世の核は、少しばかり中心地から離れており、教会と古い城の周りに集まる形状である。これは、曲がりくねった通りや、細部が中世からの関係性を明らかにしている古い住宅からなり、同心円状になっていることが特徴である。都市化の第二期は16世紀に始まった。ルネサンス様式の城の建設、大きな正方形の広場を囲む地区が改修された。最後に、19世紀は繁栄の時代だった。

石灰窯操業と連動したこの経済の好景気で、主要な道路の貫通工事、鉄道敷設、ホール建設、豪華な住宅地が生まれた。19世紀初頭のブルジョワ階級の住宅や20世紀初頭の別荘は、町に建築ユニットを提供している。

19世紀前半の50年間、製革産業は石灰窯操業とともにクロンジュの主要経済活動の1つであった。1812年、知事へ宛てた書簡の中でクロンジュ市長は、『タヌリー(製革業者)と呼ばれる地区には13の事業者が分散し、レ・クルヴァス地区には3事業者、トゥルテノン村落には1事業者がある。』と述べている。

石灰窯操業の発展は、生産物の輸送を容易にし、新たな販路を見つけることを可能にする、鉄道の敷設と一致していた。石灰窯建設の第一波は、1868年より前に起きた。およそ20の窯のうち10をウイレール社が所有し、地元の経済繁栄を導いた。サン・ロール炭鉱、フェモロー炭鉱から買い付けられた石炭が窯に運ばれた。石灰の生産と販売、燃料や石灰を運搬する大勢の運搬業者が働いていた。石灰は土壌改良や農業収量の増産目的に使われた。1868年より後に起きた第二期では、鉄道路線沿いに窯が設置された。販売エリアにもはや制限はなく、各窯の所有者たちは生産品を輸送することが可能になった。

クロンジュ城

経済[編集]

多くの商店や職人がいるほか、ボイラー製造や暖房資材の工場がある。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2013年
1929 2021 2030 2019 2021 2146 2370 2374

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[8]、2004年以降INSEE[9][10]

史跡[編集]

  • サンテティエンヌ教会
  • クロンジュ城
  • 屋根付き市場

姉妹都市[編集]

  • ドイツの旗 エンディンゲン・アム・カイゼルストゥール、ドイツ
  • カナダの旗 グラン・ソー、カナダ

脚注[編集]

  1. ^ « La Naissance de Coulonges-sur-l’Autize », sur Coulonges sur l'Autize (consulté le 6 février 2010)
  2. ^ http://www.montastruc47.com/montastrucF/histoire/histoire.htm
  3. ^ « La Famille d'Estissac », sur Coulonges sur l'Autize (consulté le 6 février 2010)
  4. ^ Julien Rémy Pesche, Dictionaire topographique, historique et statistique du département de la Sarthé, tome III, p.121, Monnoyer Imprimeur du Roi, Le Mans 1834
  5. ^ Lettres patentes de Louis XI, Coulanges-lèz-Réaux, le 18 septembre 1469, in Ordonnances des Rois de France de la 3e Race, par Eusèbe de Laurière, tome XVII, 1820.
  6. ^ Joseph Vaesen et Étienne Charavay, Lettres de Louis XI, tome XI "itinéraire", Librairie Renouard, Paris 1909
  7. ^ Jean Nicolas, La Rébellion française : mouvements populaires et conscience sociale, 1661-1789, Paris : Gallimard, 2008. Collection Folio, 978-2-07-035971-4, p. 357-358
  8. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=10565
  9. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  10. ^ http://www.insee.fr