クレシッダ・コーウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クレシッダ・コーウェル(Cressida Cowell、1966年4月15日[1] - )はイギリス児童文学作家ロンドン出身[2]。代表作は『ヒックとドラゴン(How to Train Your Dragon)』シリーズで、2010年に映画化された[3]

来歴[編集]

1966年ロンドンで生まれる[1]。コーウェルの父は環境保護主義者野鳥観察の趣味があり、コーウェルが幼い頃には休日を家族と共に無人島で過ごした[4]。何もないこの島で家族とサバイバル生活を送るが、コーウェルの父は時にこの島に棲むドラゴンの話を聞かせた[5]。幼かったコーウェルにとってこの話は興味を引き、ドラゴンが本当にいると信じるようになった[5]。この頃コーウェルは8歳であったが、ドラゴンの話を書き始めていた[5]

後にコーウェルは、オックスフォード大学へ進学[6]。大学では英文学を専攻した[5][6]。また、セント・マーチンズ大学英語版ブライトン大学英語版グラフィックデザインイラストレーションに関する学位を取得している[5][5]

人物[編集]

1男2女の母親である[5]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ヒックとドラゴン 1 (伝説の怪物)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2009年、ISBN 978-4338249010
  • 『ヒックとドラゴン 2 (深海の秘宝)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2009年、ISBN 978-4338249027
  • 『ヒックとドラゴン 3 (天牢の女海賊)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2010年、ISBN 978-4338249034
  • 『ヒックとドラゴン 4 (氷海の呪い)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2010年、ISBN 978-4338249041
  • 『ヒックとドラゴン 5 (灼熱の予言)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2010年、ISBN 978-4338249058
  • 『ヒックとドラゴン 6 (迷宮の図書館)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2010年、ISBN 978-4338249065
  • 『ヒックとドラゴン 7 (復讐の航海)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2010年、ISBN 978-4338249072
  • 『ヒックとドラゴン 8 (樹海の決戦)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2011年、ISBN 978-4338249089
  • 『ヒックとドラゴン 9 (運命の秘剣)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2012年、ISBN 978-4338249096
  • 『ヒックとドラゴン 10 (砂漠の宝石)』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2013年、ISBN 978-4338249102
  • 『ヒックとドラゴン 外伝 トゥースレス大騒動』 相良倫子・陶浪亜希訳、小峰書店、2012年、ISBN 978-4338249515
  • 『としょかんへいくピープちゃん』 佐藤見果夢訳、評論社〈評論社の児童図書館・絵本の部屋 しかけ絵本の本棚〉、1999年、ISBN 978-4566004887
  • 『なきむしあかちゃん』 主婦の友社〈主婦の友はじめてブックシリーズ〉、2004年、ISBN 978-4072432112
  • 『そのウサギはエミリー・ブラウンのっ!』 松川真弓訳、評論社〈評論社の児童図書館・絵本の部屋〉、2008年、ISBN 978-4566008748

ほか

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b BBC - Music - Cressida Cowell”. BBC. 2014年1月21日閲覧。
  2. ^ Clients : Cressida Cowell”. David Higham Associates. 2010年1月6日時点のDavidHigham.Co.UK オリジナルよりアーカイブ。2015年9月10日閲覧。
  3. ^ a b ヒックとドラゴン | Movie Walker”. KADOKAWA. 2014年1月22日閲覧。
  4. ^ Cressida Cowell: my real-life dragon island - Telegraph”. Telegraph Media Group. 2014年1月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g Cressida Cowell | About Cressida Cowell | Childrens Author”. 2014年1月21日閲覧。
  6. ^ a b 典拠詳細 - 三島市立図書館”. 三島市立図書館. 2014年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]