クリス・ボニントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クリス・ボニントン(Sir Christian John Storey Bonington、1934年8月6日 - )は、イギリス登山家

生涯でヒマラヤに19回遠征。遠征隊長として、イギリス隊のエベレスト南西壁初登攀、アンナプルナ南壁初登攀を成功に導いた。

経歴[編集]

ボニントンは16歳でクライミングを始めた[1]。ロンドンのユニバーシティ・カレッジとサンドハースト王立陸軍士官学校で学び、1956年に英国戦車連隊に配属された。北ドイツで3年間過ごしたあと、陸軍野外学校で登山指導員として2年間過ごした。 その間、1958年にプティ・ドリュ英語版南西岩稜のイギリス人初登攀、1961年にモンブラン・フレネイ中央岩稜の初登攀に成功した。1960年にはイギリス・インド・ネパール陸軍合同隊遠征に参加し、アンナプルナ2峰(7937m)の初登頂に成功した。1961年に陸軍を除隊しユニリーバに就職、マーガリン部門で働いたが9ヶ月で辞職し、プロの登山家・探検家・ジャーナリストとなった。

1970年からは自ら遠征隊を組織する。同年、アンナプルナ1峰南壁をめざす遠征隊を編成し、隊員2人が南壁の初登頂に成功。当時ヒマラヤの大岩壁はまだ登られておらず、高所クライミングにおける最先端の登攀だった[2]。これによりヒマラヤ「壁の時代」の幕が切って落とされる[3]

2年後にはエベレスト南西壁遠征隊を組織するが敗退。しかし1975年に再度、遠征隊を編成し、エベレスト南西壁の初登攀を成功させる。

受賞歴[編集]

ボニントンは1974年に、諸々の登山の功績に対して、王立地理学会から金メダルを贈られた[4]

ボニントンは1976年に、エベレスト南西壁初登頂を導いた功績を認められ大英帝国勲章(CBE)を受賞した[5]。1996年には彼のスポーツへの貢献のためナイト(Knight Bachelor)に叙された。2010年にはアウトワード・バウンド協会への貢献を称えられてロイヤル・ヴィクトリア勲章(CVO)を授与された[6]

主な登攀歴[編集]

遠征隊長[編集]

ボニントンは隊長として参加したこれらの遠征では、頂上には達していない。

脚注[編集]

  1. ^ "Chris Bonington Biography" Bonington.com. Retrieved 2013-02-23.
  2. ^ ビヨンド・リスク p.206
  3. ^ 『孤独の山』(山と渓谷社,1998年)p140
  4. ^ Medals and Awards, Gold Medal Recipients (PDF)”. Royal Geographical Society. 2016年11月30日閲覧。
  5. ^ Willis, Clint (2006). The Boys of Everest: Chris Bonington and the Tragic Story of Climbing's Greatest Generation. London: Robson Books, p 335. ISBN 1-86105-980-9
  6. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 59446. p. 3. 2010年6月12日
  7. ^ The First Ascent | Alpinist

参考書籍[編集]