クリスティアン・ゴルトバハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリスティアン・ゴルトバハ
Christian Goldbach
生誕 (1690-03-18) 1690年3月18日
ブランデンブルク=プロイセンケーニヒスベルク
死没 (1764-11-20) 1764年11月20日(74歳没)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国モスクワ
国籍 ドイツの旗 ドイツ
研究分野 数学法学
主な業績 ゴールドバッハの予想
署名
プロジェクト:人物伝

クリスティアーン・ゴルトバハクリスティアン・ゴールドバッハChristian Goldbach, 1690年3月18日 - 1764年11月20日)は、プロイセン出身の数学者である。ゴールドバッハの予想でその名が知られる。

生涯[編集]

ブランデンブルク=プロイセンの一部であるプロイセンの首都ケーニヒスベルクで牧師の子として生まれた。王立アルベルトゥス大学で法学と数学を学んだ。大学卒業後の1710年から1724年にかけてドイツ・イギリス・オランダ・イタリア・フランスに留学し、ライプニッツオイラーベルヌーイ英語版といった有名な数学者に面会した。ケーニヒスベルクに戻り、ゲオルク・ベルンハルト・ビルフィンガー英語版ヤコブ・ヘルマン英語版と知り合った。

1725年のサンクトペテルブルク科学アカデミー(後のロシア科学アカデミー)開設の際にオイラーらとともに招かれ会員となり、アカデミーで数学と歴史学の教授として働いた[1]。1728年、ピョートル2世がロシアのツァーリになったとき、ゴルドバハはその家庭教師となった[1]。1742年、彼はロシア外務省に入省した[2]

クリスティアーン・ゴルトバハはマルチリンガルであった。日記はドイツ語ラテン語で、手紙はドイツ語・ラテン語・フランス語イタリア語で、公文書はロシア語・ドイツ語・ラテン語で書いた[3]

1764年11月20日、モスクワで死亡した 。

業績[編集]

1742年のゴルトバハからオイラーへの手紙

ゴルトバハはライプニッツ、オイラー、ベルヌーイとの間で交わされた手紙、特に、後にゴールドバッハの予想と呼ばれる事項を記載した1742年のオイラーへの手紙で特に注目される。彼はまた、ゴールドバッハ・オイラーの定理などの累乗数に関するいくつかの定理を研究・証明し、解析学において著しい貢献をした[2]。その他、ゴールドバッハの定理と呼ばれるフェルマー数に関する結果を証明した。

著書[編集]

  • De transformatione serierum(1729年)
  • De terminis generalibus serierum(1732年)

脚注[編集]

  1. ^ a b “Christian Goldbach”. Encyclopædia Britannica. Encyclopædia Britannica, Inc.. (16 August 2013). http://www.britannica.com/EBchecked/topic/237446/Christian-Goldbach 2014年10月26日閲覧。. 
  2. ^ a b Rosen, Kenneth H. (2004). Elementary Number Theory, Fifth Edition. Addison-Wesley. ISBN 0-321-23707-2. 
  3. ^ Adolf Juskevic, Judith Kopelevic: Christian Goldbach 1690-1764 (Vita Mathematica), Birkhäuser Publishing House, 1994, 3764326786, pg. XII.

外部リンク[編集]